めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

追突事故に遭った次の日より不調があります。(No.2490)

2017.08.07

入野先生、はじめまして。
相談コーナーを設けてくださっていてありがとうございます。
また、HP上でのめまいに関する多岐にわたる有益な情報のご提供、とても有難いです。

めまいに関して全く無知な者なので、過去のQ&Aや先生のご著作なども拝見して勉強してからご質問すべきかと思いましたが、体調不良のためなかなか出来かね、突然のメールでのご相談となりました、失礼いたします。 ~症状と経過~ 1年半前、自動車同士の追突事故に遭った次の日より、フワフワした感じと軽い頭痛、腰の痛みがあり、医療機関を受診するも、X-ray検査ではストレートネックになっている程度の異常しかありませんでした。

10日後職場に復帰した日から、立っていられない、気持ちが悪い、座っていても首がすわらないという状況(劇痛、吐く、などはなく、ただただ重力に逆らえず地面に押し付けられて体を起こしていられない)になりました。 そのうち体を起こすと頭に劇痛が生じるようになり、首の後ろのみからの異常な発汗、日中は微熱で夜間は37℃後半の熱が続くという状態になりました。

顎も動きづらくなったため、手で口を開けてスプーンで食べ物を押し込んで食べるという状態でした。 また、光や音の刺激で気持ち悪くなり、会話も10分程度が限界でした。握力はほとんどなくなり冷蔵庫を開けられなくなりました。

自力でトイレに行くのも困難になる程のほぼ寝たきりの状況でした。 事故より5ヶ月後、脳脊髄液減少症の疑いで点滴入院し、その後硬膜外生理食塩水注入治療も受け、だいぶ症状が楽になりましたが、三度の食事とトイレやお風呂以外は横になっているしかない状態でした。

点滴や鍼灸治療をうけると楽になるので、週一日程度通院治療を受け続けていました。 事故より一年半たった現在は、頭痛はほとんどなくなり(無理して動くとガンガン響いてきますが横になると治ります)、腰の痛みも軽く、もう普段の生活に戻れるのではと思うほど元気になりましたが、船酔いのような気持ち悪さと立っているとクラクラし始める症状が治りません。

特に午前中に症状が酷く、朝食や簡単な掃除以外は横になっています。午後になると楽になってきて、30分程度ウォーキングをしたり、短時間なら簡単な事務仕事やガーデニング等が出来るようになってきました。

このまま、船酔いのような気持ち悪さとクラクラがなくなっていけばいいなと思っておりますが、放置しておいて良いのか、何か積極的な対応をした方が良いのかが分かりません。

~ご相談内容~
①これまで、めまいに関して専門の医療機関を受診・検査したことはありませんでした。脳脊髄液減少症以外の原因も考え、脳外科の主治医に紹介状をいただき、めまいにお詳しい医療機関で検査等をしていただいたほうが良いのでしょうか。

②先生がHP上で述べてくださっているように、脳脊髄液減少症については、様々な意見があります。脳脊髄液減少症とよばれる疾患以外で、どのような原因を考えたら良いと思われますか。

めまいの犯人探しは一筋縄ではいかい、との先生のコメントを拝見しましたので、無粋な質問かとは思いますが、考えたほうが良い原因等があれば、ご教示いただければ幸いです。

ご相談内容は以上です。
お目を通してくださいましてありがとうございました。 御回答いただけましたらありがたいです。

よろしくお願いいたします。

(N.M様 女性 29歳 群馬県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

返信が大変遅くなり、申し訳ございません。

お話内容より、かなり苦しんでおられる様子が判ります。

まずは交通外傷後のめまいということで考えますと、耳石機能の低下が起きているのかもしれません。

これを証明するにはVEMPという検査やカロリック検査などが妥当と思われますので、やはり大きめの耳鼻咽喉科へ紹介していただく事が良いのではないでしょうか。


また長期間、横になっておられた時期があるのでその事による筋力の低下がふらつきを誘発している可能性も否定できませんので、体が動かせる時間帯はしっかりと動かしていくことが望ましいでしょう。

午前中が得に不調ということから検討しますと、血圧の関連があるのかもしれません。

起立性低血圧や起立障害がないかどうか。これは循環器系になるかもしれませんので、耳鼻科で行えない場合には循環器科への紹介をご検討していただいてはいかがでしょうか?

もしそのような結果があった場合には、それに対応するような内服薬があります。
めまいのリハビリを忘れても駄目です。

しっかりと体を動かしていくことが望ましく、場合によっては専門的にリハビリを行っている施設への紹介も考えてください。

まだまだ大変な状態であるかとは思いますが、どうぞ耐えながら治療に望んでください。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.