めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

左耳の違和感とグラグラ感が続き精神的にも不安になってきました。(No.2644)

2018.03.01

はじめまして。
どうぞよろしくお願いいたします。

H29.9月しゃがんだ姿勢で庭作業を4時間したその日の夜中、気分が悪くなり寝返りをした時に回転性のめまいがありました。寝汗と血圧は138くらいで長い時間続いて睡眠がとれませんでしたが、翌朝は車で仕事場へ、立位ではふわふわ感が残り、横になると天井がぐるぐる回転しました。

脳神経外科でCT異常なし、ジフェニドールとカリジノゲナーゼを1週間服用後、耳鼻科へ。良性発作性頭位めまい症と診断されましたが、眼振がおさまるまで3ヶ月かかり、アデホスコーワ顆粒、ツムラ37、39、30、グランダキシンなど試しても変化なく、左耳の痛みと現在もグラグラ感が四六時中つづいています。

仕事はパソコンと事務作業です。
頭部MRI異常なく、頸椎ヘルニアは6年前に発症しましたが現在症状は強くでていません。

血液検査も異常なく、フェリチンが少し低いのでフェロミア、ツムラ30を服用中です。

半年経ちましたが、毎日起きてから寝るまで終始、左耳の違和感とグラグラ感が続き精神的にも不安になってきました。

(服用薬)ツムラ30 フェロミア

(N.R様 女性 52歳 兵庫県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

頭部CTだけでは何とも言えないこともあり、耳鼻科的な検査も果たしてどのような検査を行ったのか、詳細が知りたいところですが、眼振が頭位性に出ていたということでしょうか。

いずれにせよ、現状としてはかなりお困りな様子です。
左の内耳機能が低下しているとすれば、リハビリなどで代謝を働かせていくことよりほか、難しいかもです。

しかし、もしその他にも要因があるならばそこを治療すれば、もう少し軽減することも考えられます。

可能ならば頭頸部のMRIを今一度検査されてみてはいかがでしょうか。期待を持たせることを言って、結果的には何も見つからないなんて事も考えられますが、あきらめずに治療を行ってください。

完全とまではいかなくても今よりは少しでましになってくれる事は期待できます。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.