めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

イメージ

当医院では、「めまい」に関するお悩みを、メール上にて院長が直接お答えいたします。
めまいを治す最大のポイントは、あなたからの情報です。
めまいはいろいろな原因によって起こります。
その原因となるものが、 患者さんご自身の日常生活動作や環境によることが多いと考えられます。
その情報を解析することにより、あなたの現在悩んでおられるめまいや将来の再発予防の為のめまい相談コーナーです。
何でも気軽にご相談ください。

下の「めまい相談する」からお気軽にどうぞ。

  • ご質問内容によって適切な回答ができない場合がございます。
  • 休診日のお問い合わせは、回答が遅れる場合がございます。
  • 通常メールいただいてから、10日以内には回答する予定です。

よろしくお願いいたします。

ご注意

※めまい相談された方のメールオプションの設定、又はメールアドレスの入力間違い等により、当院よりの回答をお届けできないことがあります。
※めまい相談された方には折り返し相談内容確認の自動メールが返信されます。
※数分以内に当院よりの確認メールが届かない場合は、 迷惑メールの中に入っている場合もございますので、確認お願いいたします。 迷惑メールの中にない場合は、氏名、電話番号を記入の上 memai@irino.jp にご連 絡ください。

めまい相談する

多くのご質問をお寄せいただき、ありがとうございます。
皆さんからいただいたご質問の中から公開に同意していただいた相談内容のみを毎月数件、 個人情報を編集して掲載させていただいてます。
同じ悩みをお持ちの方もおられると思います。ぜひ参考にしてみてください。

ワイパックスを飲んでいる、副作用の心配をしています。(No.2348)

2017.03.09

入野先生、はじめまして。

34歳の真夏にアイスティを飲んで気分が悪くなり倒れて以来、吐き気に悩まされ、電車、車に乗れなくなり、レジにも並べなくなり、胃カメラもやりましたが何も出ず、結局心療内科でパニック障害、と判断され、10カ月ほどパキシルとベンゾ等で加療→漢方薬、と落ち着きを取り戻しましたが、最悪期は抜けても、とにかく嘔吐恐怖症が拭えず、10年経ちました。

実は41歳で激やせをし、受診してバセドウが判明、42歳夏にアイソトープ治療をしました。
アイソトープ治療の後から生理の様子が目に見えて変化し、それと共に、以前からあったフワフワめまいが重くなりました。

具体的には、何となくフワフワする、食後何となくフワフワするから、気分が悪くならないように腹3分しか人との会食では食べない。

そんな感じだったのが、アイソトープ治療後からは月に数日、眉間や頭が重くてぐわーんと大きな手に頭を捕まれて回し揺らされるような、めまいになりました。

生理の前と生理後に、特になります。アイソトープが絡んで、年齢もあり、きっと早めに更年期がきたのか。とは思うのですが、そんな折先生の本と、みなと赤十字病院の新井先生の本に出会い、一生懸命リハビリしています。確かにリハビリを行うと、気分がすぐれ、大変助かっています。 長くなりましたが質問です。体調が最悪な時に、目が回らないように市販のトラベルミンを飲むと少し救われます。ワイパックスは、過緊張を強いられそうな時にお守りで10年間頓服しています。

もしかするとワイパックスを飲んでいるからこそ、首が凝るようになってしまったのではないか?と、副作用の心配をしています。

実際、一生飲んでも楽ならその方が救われる自分もいるので、ワイパックスは頓服0.5を一生飲んでもこの際良いのかを伺います。

それと、バセドウの判明ほどなく、右の奥歯の奥の下の親不知を抜歯しましたが、その横である奥歯がどうやら割れているかもしれない、と歯科医に言われました。私が体調悪くなりそうな時は右耳が腫れぼったく、耳が痛くなり、右の首が冷や水を垂らされたように感じるのです。

纏まりがなくて申し訳ありませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

(O.K様 女性 43歳 神奈川県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

ワイパックスの長期服用に関しては、意見の分かれるところであり、服用しなくてよいならばそれに越したことが無いというのが妥当な返答です。

長期服用により、依存性、耐性という問題だけでなく、その他ベンゾジアゼピン系の薬剤は何かと話題になる対象です。

しかし必要としている方にはまだまだ必要と思いますので、0.5錠程度ならば服用していても良いのではないかと個人的には考えております。

もしそれが他の漢方などでおきかえられればなおベストである事は言うまでもありません。
その他根拠のある治療法としては、認知行動療法というものもあります。

自分を変えていくというやり方ですが、いろいろと取り組みながら、本来ある自浄能力を高めてくださったら幸いです。

心が折れそうになる日もあるかと思いますが、どうぞ耐えて頑張ってください。

お大事になさってください。

嘔吐が止まらないひどいめまいです。 (No.2345)

2017.03.05

1年程前からめまいの症状がありますが、どこの病院に行っても異常はみられず何が原因なのかわからず、いつまためまいが出るかと不安な日々を送っています。


目の中がギラギラし数分物が見えなくなる ・眼科で異常なし
・婦人科でも異常なし。 その後、数回、めまい・吐き気があった。
目がギラギラするときは頭痛が起こることはない。 頭痛が起こる人で目がギラギラする人がいるようだが私は目がギラギラするときは頭痛はなく30分くらいでおちついたりする。脳MRIも異常なし。
今年になってめまいで嘔吐が止まらず救急病院へ、これまでのふわふわしためまいではなく、頭が上げることができない押されているようなめまい。
船酔いに近い。嘔吐も止まらなくなる。
・耳鼻科、内科、脳MR・・・異常なし
・神経内科では「頭痛が原因かも」とのことでバルプロ酸ナトリウムを処方されるが変な頭痛が出たので服用を止めた。 自分では更年期障害なのか?自律神経失調症か?とも思ったりしているが、今年のめまいは病院で処置をしてもらわないと嘔吐が止まらないひどいめまいです。

ここまでの更年期、失調症めまいもあるのでしょうか。
いまはいつめまいが起こるか不安な毎日。

私のようなめまいの症状の場合は、どこの科を受診したらいいのででしょうか。

薬を飲んだほうがいいのでしょうか。 それとも漢方で気長に体質改善を試みたほうがいいのでしょうか。

(H・I様 女性 52歳 宮崎県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話内容より、頭痛はないものの偏頭痛性めまいや自律神経性めまいを疑います。

閃輝暗点(ギラギラする視野)は必ずしも頭痛が来なくとも、頭蓋内の血管が痙攣しても起こり得ます。よって私も処方するならばデパケン(バルプロ酸ナトリウム)100mg錠を朝夕2回服用してもらうかと思います。

つまりお勧めとしては、耳鼻科的な治療よりも神経内科や頭痛外来での治療が良いのでは。

変な頭痛が出たとのことですが、たまたま頭痛が出たのかもしれず、少なくとも私の経験ではそのような副作用は存じておりません。

それ以外にも内服薬の選択はあるかと思います。
またシェロングテストという血圧変動の検査を受けておられないならば、それも治療のヒントになるかもしれません。

立位で血圧が低下するためめまいが生じていることもあるからです。これは生理的な検査ですので一度で正常とは言い切れないので、異常が出なかったら繰り返し受けてみてください。

お大事になさってください。

ふわふわめまいだけの発作でもメニエール病なのでしょうか。 (No.2337)

初めまして。宜しくお願い致します。

5年前に酷い回転性のめまいがあり、回転性めまい→ふわふわめまい(+景色が右に傾いて見える感じ)に移行し(歩行も困難なくらいの酷さでした)完治するのに約9ヶ月間かかりました。

大学病院や何箇所もの耳鼻科へ行きましたが、右耳の低音の聴力が少し低下しているくらいで(お医者様いわくそこまで気にする程の低下ではない)これといった原因が分からなく、自分でめまい体操、毎日のウォーキング、お灸、整体(主に首)+処方薬、を続けてる内に改善しました。(どれが効いたのかは分かりません) それから4年程めまいはなかったのですが、昨年ふわふわめまいが復活し、掛かりつけの耳鼻科へ行きメリスロン+半夏白朮天麻湯を処方して頂き2ヶ月程で改善しました。

そして、今月初めにまた、ふわふわめまいが復活してしまい、昨年同様のお薬を飲んでいる状態です。

二週間程経ち、ふわふわめまいの頻度は減ってきたのですが、右に傾いて見える斜傾感が治りません。 めまいが復活する度、この右に傾いて見える感じもあるのですが、ふわふわがだいぶ減っても斜傾感は治りません。

現在も右耳の低音部の聴力が少し低下してるみたいなのですが(自覚なしです)、気にする程度ではないみたいなのでステロイド等は処方されていません。 外ではあまり感じず、自宅や狭い場所に特に感じます。

長くなってしまいましたが、この右に傾いて見える斜傾感の改善方はあるのでしょうか。右耳の低下の聴力低下は関係しているのでしょうか。

よくある右に出る引っ張れるめまい、と言うよりかは見えてる家具や壁紙が右に傾いて見えるという症状です。

あと、私はやはりメニエール病なのでしょうか?
めまいが定期的にあっても激しい回転性のめまいはありません。

ふわふわめまいだけの発作でもメニエール病なのでしょうか。
沢山質問してしまい、申し訳ありません。
ここまで読んで頂きありがとうございます。何かご教示頂けますと幸いです。

(S.K様 女性 31歳 東京都)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

まず印象としてはメニエールの可能性は低いように思われます。

耳鼻科の先生もメニエールと思って出している処方とは異なるのもあり、回転性めまいでもないため否定的と考えます。
斜傾感に関しては、これも印象ですが、くびのどちらかの筋肉の硬直がひどいのではないでしょうか?

肩こり、首こりに今一度着目して、整体を再開してみてもらっても良いかと思います。その他、外的ストレッサーの影響も考慮します。

寒冷刺激や気圧、疲労等がストレッサーとなって、交感神経を刺激することにより、頭痛、肩こり、めまいや、胃腸症状が出てくることも考えられます。その他、頭の中でメモリーされている記憶が強く、斜めに思えてしまうのかもしれませんが、焦点の違い(外では大丈夫で狭い空間で斜め)ということより、実際に焦点を自動で調節するオートフォーカス機能が低下した時の症状なのかとも思われます。

いずれにせよ確証はないのですが、いずれ落ち着いてくると思いますので、引き続きご自愛ください。もし受診してみるならば神経眼科も良いかと思います。

お大事になさってください。

末梢系のめまいとのことで、耳鼻科の受診を勧められました。 (No.2328)

2017.02.03

約2年ほど前から、めまい・ふらつき・よろめき等の症状が起こり始めました。
神経内科医にめまいの件を話し、MRIを撮っていただき、結果は、年相応以上の脳梗塞が起こっているとのことでした。
中枢系のめまいではなく末梢系のめまいとのことで、耳鼻科の受診を勧められました。

ところが、耳鼻科的にめまいに関係するような異常はないとのことで、神経内科で対応してもらうようにと言われ、「メリスロン」 を数回分処方されましたが、服用しても効果はありませんでした。

その後、継続的にめまいが続いていることを伝えると、精神的な原因も考えられるけれど、一度きりの耳鼻科での検査では、そのときたまたま異常が出なかったとも考えられるので、耳鼻科へ継続的に通い、診察してもらうようにと指示されました。 


ここ最近、頸のレントゲンも撮っていただきました。 
結果は、頸椎等は、年相応の椎間板等の状態であり、めまいを起こすような整形外科的な異常は見られないとのことでした。


症状的には: ・めまい(回転性ではない) ・ふらつき、よろめき。 ・歩く速度が以前より遅くなった。
・普段から、めまいというか、自分が絶えず、前後左右に揺れ続けている感じがする。
・最近は、起床した直後からふらつきを感じる
・午後3,4時くらいになると起きていることが出来ず、横になって寝るような毎日。 <日常生活では>:
・外出がかなり制限されている。
・これまで出来ていたことがめまいのために出来なくなった。

明らかにQOLは低下してきております。

今度は、まず、何かを受診すべきでしょうか?
よろしくお願い致します。

(T.K様 女性 82歳 栃木県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

めまい外来をしていると良く伺う症状です。お近くでしたらお越しいただきたいほどですが、遠方なので、個別に返答させていただきます。

まず、外来に関して。

 めまいの領域が耳鼻科と神経内科に大別されるため、耳鼻科的な要因が無くとも最後まで見てくれる耳鼻科のめまい専門医もしくは相談医が良いのではないでしょうか。(同じ耳鼻科医でもめまいを得意とされる方とそうでない方が居られます。)神経内科医や脳外科医は、お話内容より難しいかもしれません。

耳鼻科で繰り返し検査を受けていると明らかになるか、ということに関しては、生理的な影響もあるため確かにそうですが、疾患を特定するというよりは症状の改善に向けた治療を勧められたほうが良いのでは。(めまいは様々な要因が重なって起こる事が多く、違った医師に訊くと違った病名を告げられるという事も多々あります。)

頸動脈に関しては、エコーでの評価を一度されてみたら良いと思います。これは脳外科になるかと思います。

全体的に印象としては、何らかのストレッサーが要因となってふらつきに過敏になっているかと思われ、ふらつくから外出しない、筋力の低下よりますますふらつく、そのうち気分も落ち込み、食欲も低下していくと言った、フレイル症候群になっている可能性も十分にあります。

悪循環を断ち切る必要があります。(これが一番大きなポイントかと思われます。めまいに負けないように活動的に生活するのが効果的です。)

また早期認知症で浮遊性のめまいを自覚することもあるため、物忘れ症状が見受けられるようになれば、認知症外来へもご検討ください。

もし睡眠障害を有しているとふらつきはますます改善しがたくなりますので、睡眠の質を評価してもらえるような診療科目(呼吸器内科、精神科)もご検討されてみてはいかがでしょうか。
(日中に寝ている事が多くなると、よく寝れているように見えるかもしれませんが、睡眠の質に問題がある場合が多く、また、日中寝ている事が多いとふらつきを悪化させる原因にもなります。)

お大事になさってください。

股関節を痛めた後に、めまいなどの不調が続いています。(No.2318)

2017.01.13

2016年4月に子供と遊びのサッカーで左の股関節を痛め2~3日体調不良になりました。(下痢と吐き気と寒気) 6月に初めての回転性めまい(2時間)嘔吐で救急車を呼びました。

2日後に耳鼻科受診しましたが聴力・眼振共に問題なしでbppvかもしれません、とのこと。 それから夏の間中、めまいへの不安からか?下痢気味で過敏性腸症候群でした。

9月に下痢もおさまり、股関節の痛みもひいてやっとスッキリしたなぁと思っていたところ、口唇ヘルペスの4日後に 2度目の回転性めまいと嘔吐があり、発作当日に耳鼻科へ。

左耳に若干の低音難聴と眼振もあり、2度目のめまいでもあったことからメニエール病疑いで各種薬を2週間服用しました。 それから現在に至るまで、浮動性のめまいが続いています。 10月以降にかかりつけの耳鼻科へ何度も行きましたが、その度に聴力・眼振共に問題無しと言われました。 ただ、着席~起立で血圧を測定すると、立ち上がっている時にドキドキが強まる傾向があるそうです。

12月に横浜のめまいメニエールセンターを受診し、メニエール病ではなく、bppvですよ、とのことでした。 有酸素運動等を医師の指示通り続けています。
(速歩は1日1時間以上、朝晩にめまいリハビリ体操) 家の中ではかなり自由に動けるようになり、子供の送迎やご近所の立ち話も短時間なら大丈夫な感じです。

しかし、お店屋さんの中や人混みは地面に沈むようなめまいを感じますし、今日は良い体調だなぁと思っていると家の中でも重力で床に沈むめまいがあり、落ち込んできてしまいます。 bppvの後遺症なのでしょうか?なぜいつまでもスッキリしないのか、知りたいです。

やはりへこたれずにリハビリや、有酸素運動を続けていけば、普通に過ごせるようになるのでしょうか。

また、普段の生活で心に留めておくことが何かありまひたら、ご教示いただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。 長々と、失礼いたしました。

(K.K様 女性 36歳 神奈川県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

股関節を痛めた後に、めまい、胃腸障害、感染力への抵抗低下を来たしたとのこと。これらに関しては、痛みがストレッサーとなって、副腎を刺激し交感神経優位になったためではないかと思われます。

その後自律神経の乱れが自己調節できない事が多くなってきている事(脈拍の上昇もあり)と、めまい感に対して頭の中に記憶が残っていることで、浮遊性のめまいからも敏感にめまいに対する恐怖心がよみがえるのではないでしょうか。

このままの状態が持続すると抑うつ状態に至ることも考えられますので、この程度のふらつきなら大丈夫と自分にいい聞かせていくことをお勧めします。

原因としてはBPPVの後遺症というよりは、自律神経異常から来る血圧の変動や、もしパソコン、スマホ等を長時間する習慣や、同姿勢長時間保持することが多いようならば空らによる影響が考えられます。
リハビリはリハビリで継続する事と、症状に対しても自身を持っていただく事が大切だと思います。

お大事になさってください。

リハビリ的な運動などしたほうが良いのでしょうか(No.2278)

2016.11.09

はじめてまして。 よろしくお願いいたします。

先月15日に、寝返りを打った際に回転性のめまいが起こり、17日に近所の耳鼻科でゴーグルを使って眼振を見る検査を受け、右を向くとおこる良性発作性頭位めまい症と診断され、7日分のメリスロンとカルナクリンを処方されました。

投薬のみでしたが、自分で調べて「エプリー法」をしり、18日に試すと、回転性のめまいはおさまりましたが、ふらつきが残っていました。

そして24日の朝にも起床時に回転のめまいがでて、その時にもエプリー法を試すとおさまりましたが、ふらつきも、仰向けに寝て首を左に向けるとゆっくりと視界が上から下へ流れている症状もあったので、もう一度同じ耳鼻科へ行きました。

前回と同じくゴーグルを使って眼振を見る検査のみを受け、もう眼振は出ていないからめまいはないですとのことで、ふらつきのことを話すと、この病気は頭の位置で揺れが出るかだから、もう大丈夫でしょうとのことで、念のため同じ薬を5日分処方され終わりました。

その後、インターネットで調べると、回転性のめまいが取れても浮遊感が残る人もいると知りましたが、私のは歩行時はもちろん、頭や体を動かさなくてもずっとゆらゆらしたり、ぐらっときたりします。 そして鼻の付け根当たり(眉間の辺り)から、頭の中央や両耳の辺りにかけて、頭痛とまではいかない圧迫感というか、ぐぐっと委縮させられるような、頭の中を「うわん、うわん」とうなるような感覚があり、その症状が強く出ている時はふらついたり、ぐらっとくるのもひどくなります。 これらの症状は、最初の発作から2週間を過ぎてからのほうがひどくなっていってます。

なお、既往歴は軽度の高血圧で、上は120前後なのですが、下が90以上と高かったので、今年の5月末からシルニジピン1日に5㎎を飲んでいます。

2006年12月に耳下腺腫瘍の診断を受けましたが、浅葉で8ミリと小さく、良性なので、2年だけ触診による経過観察をうけ、その後はもし大きくなったら来てくださいということで放置しています。

長くなりましたが、私からの質問は
・良性発作性頭位めまい症の回転性のめまい後の浮遊感に、この眉間あたりから頭部にかけての圧迫感、違和感を感じることもあるのか。
・ゴーグルを使った眼振以外の検査や、脳の検査なども受けるべきなのか。
・診てもらった先生は投薬のみで指導などはなかったのですが、リハビリ的な運動などしたほうが良いのか。

また、したほうが良いなら、どのようなものがいいのか。 を質問させていただきたく思います。
お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

(I.K様 女性 44歳 兵庫県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

端的に返答させていただきます。

・良性発作性頭位めまい症の回転性のめまい後の浮遊感に、この眉間あたりから頭部
にかけての圧迫感、違和感を感じることもあるのか。
→人によって感じ方はサマザマですので、このような自覚を訴える方もおられます。浮遊性のめまいを感じるときは足元はしっかりしていても、頭の中がフアンフアンするような自覚を受ける事と、締め付け感を訴える方が多いと思われます。しかし特に重大な疾患が隠れている事は少なく、首や肩の緊張緩和、良質の睡眠等を心がけていくと徐々に改善していくことが期待できます。

・ゴーグルを使った眼振以外の検査や、脳の検査なども受けるべきなのか。
→複合的な疾患を有している方もおられますが、長引くようならば検査を受けても良いと思いますものの、必ずしも受けなくともよいかと思います。

・診てもらった先生は投薬のみで指導などはなかったのですが、リハビリ的な運動な
どしたほうが良いのか。
また、したほうが良いなら、どのようなものがいいのか。
→これはぜひとも行っていただきたいです。

新井基洋 先生の『めまいは寝てては治らない』が代表的で、私も指導をしていただいております。

具体的には恐らく左右の動作が苦手なはずですが、ご自身でこれをするとふらつくという動作を敢えて繰り返すことが大切です。

お大事になさってください。

めまい体操のようなものを自己流で頑張ったことが、良くなかったのでしょうか? (No.2262)

どうぞよろしくお願いいたします。
既往歴:口唇ヘルペス 症状:24日前から、起床時に回転性のめまいが起きる。頭を動かしたときにめまい。吐き気あり。 経過:発症後6日目に耳鼻科を受診し、「良性発作性頭位めまい症」と言われ、ジフェニドール塩酸塩錠とナウゼリンを1週間服用する。

発症後15日目に、めまい専門医の耳鼻科を受診し、 脳神経の検査?や自律神経の検査、血液検査を受ける。 眼振検査では、その時は、眼振が出ていないと言われ 自信をもって頭を動かしていいと言われる。 点滴治療を受ける。(一度のみ)

その後、めまいの本で調べた頭位症のめまいに良いと されるリハビリ体操のようなものと、片足立ちやジャンプなどを始める。

多少は良くなってきたような感じがしたが、2日前に またぶり返したようなめまいが起きる。 昨日に、前回と同じ耳鼻科を受診し、血液検査は異常なし。眼振は、右向きになったときに出ていると言われ 右向きに注意するように言われ、新しい抗めまい薬が 処方され、2週間分飲むように言われました。

上記のような経過で、現在も夜中に目が覚めた時に 回転性のめまい、下を向いたときなどにグラッとするような症状が続いています。 質問したいことは、これまでの間に一度だけ、もう完全に治ったと思えるくらい調子がいいときがあったのですが、現在はまたぶり返したように調子が悪いです。
めまい体操のようなものを自己流で頑張ったことが、かえって良くなかったのでしょうか?

今は体操はやめていますが、(毎日ウォーキングはしています)診てもらっている先生に、許可を得て 体操したほうがいいのでしょうか? そして、発症して4週目になりますが、およそ2~3週間でよくなると聞いていますが、治るような感じがしなく、本当に治るのか不安です。

難治性のめまい症なのではないか?など、本当に症状がおさまるのか、毎日とても心配でなりません。 院長先生のご意見・アドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。

(N.Y様 38歳 女性 愛知県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

返信が遅くなり申し訳ございませんでした。

めまいリハビリを継続される事は、全く問題なく、むしろこれくらいのふらつきならば耐えられるという自信をつけるためにも、また頭の代謝を働かす意味でも必要であると考えております。

ふらつくのが怖くて動かさないと、さらに悪化することも考えられます。
また日にちはかかってもいずれは治まりますので、しっかりと水分と運動、良質の睡眠を心がけるようにしてください。

ただし、生理的なふらつきでも病的に感じるくらいに敏感にならないように注意も必要です。完璧主義、神経質になり過ぎないことも大事です。
お大事になさってください。

ふらふら感が頻繁にあることと、倦怠感があります。(No.2254)

ふらふらするめまいです。
5年位前から、ふらふらするようになりました。

症状は、立ちくらみが何度も来る感じですが、立ち上がった時とは限りません。ふらつき防止の薬(アデホスとメリスロン)を1か月くらい飲むと自然に改善していました。

はじめのうちは1年に1度か2度くらいで、1か月程度、長くて2か月くらいでおさまっていました。

ふらつきがひどいときは、注射をしてもらったこともありました。今思うと年ごとに少しずつ期間が長くなっていたかもしれません。

そして、ここ1年間は、ふらつきが毎日続いています。ふらりとくるのは、決まった時間ではありません。

いつ倒れるかもしれないと不安に思いながら生活しています。薬はアデホスとメリスロン。

昨年からは、血圧を上げるリズミックも飲んでいます。以前から上は100行くか行かないかという血圧状況です。最近は毎日計測し、朝は上が100前後下が70台。
夜は上が80台下が60台で、血圧が低いことによる症状ではないかということになっています。ふらつき以外では、時折の頭痛や頭全体が締め付けられる感じがしています。倦怠感、気持ちが上がらず、やる気が出ない、肩こり痛さという症状は毎日続いています。

以前から特に冬場は足先の冷えが厳しく凍傷ではないかと思うほどです。

靴下をはいて寝ています。「低血圧は倒れないから」と言われましたが、倒れるかもと不安でたまりません。最近は、脈拍の上昇も時々感じます。
ドブスのせいではないかと思ったりしています。6月に頭を見ましょうということでMRIを取りましたが、異常なしと言われました。

2015年1月には、車で通勤中に目の前が突然暗くなり、このままでは気を失って事故になると感じ、横によけようとしたところで、意識が戻るということもありました。このときもMRI異常なしでした。

左耳の耳鳴りは、2004年から続いています。高圧酸素療法を行いましたが、改善せずつきあわないとと言われて今に至っています。 とにかくふらふら感が頻繁にあることと、倦怠感そして気持ちが上がらずやる気がでないために、やりたいこともできずで困っています。

若干うつ傾向かなと思ったりもしています。よろしくお願いします。

(S.K様 男性 60歳 佐賀県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

めまいと自律神経症状とは相関すると考えております。

つまりめまいがある方は自律神経も乱れており、自律神経の乱れがある方はめまいがしやすいということです。それに睡眠障害が加わるとさらにその関係性が増すと考えております。

これまでの検査の中で、睡眠に関する検査は受けられましたか?

もし何らかの睡眠障害を自覚するようならば一度検査を受けることをお勧めします。

また当然ながら飲水は十分にとっていただき、できれば汗が出るくらいの有酸素運動(速足でのウォーキングなど)を3か月くらい続けてください。

いつ倒れるかもという不安感が強いという事を書かれていますが、不安神経症になっている可能性もあるので、そのような治療も並行しながらめまいに対する治療を行うことが良いのではないでしょうか。
お大事になさってください。

目眩に効くと言われているマッサージにも10日に一度くらいで通っています。 (No.2219)

2016.09.02

お忙しい中、時間を割いて頂き申し訳なく思いますが 、よろしくお願いします。
私は、今年の4/21未明に突然の目眩吐き気等に襲われました。

すぐ治まるものと様子をみたのですが悪くなる一方だったので救急病院へ搬送されました。

MRI検査、頚椎エコー、血液検査等を受け「前庭神経炎(左)」だろうと言われ5日間入院しました。 その間、ビタミン、吐き気止め、目眩止めの点滴を受け飲み薬は無し。

退院時、2、3ヶ月くらいかかりますね。体が慣れるしかないのでこれといった薬はありません・・・ということでした。 薬も出ないしすぐに治る病気だと思ってしまった私も甘かったのですが、なかなか良くならないので 2ヶ月経って再度病院を訪れたら「ベタヒスチン」という目眩止めの薬を2週間分出されましたが・・・効果は無く、調べたらベタヒスチンはメニエルとか一般的目眩止めに使われてるようで、前庭神経炎とメニエルは根本的違うのでは? 現在、常時の耳鳴りと頭が常に鐘の中でウァンウァンと響いてるようなフワフワとした感じです。

毎日の家事は時間をかけてこなせていますが、1時間も作業を続けるとすぐ疲れが出ます。
首のこりも酷いので毎日5分ほど揉んでもらい、目眩に効くと言われているマッサージにも10日に一度くらいで通っています。

そろそろ5ヶ月になるのてすが、最近、喋ろうとすると口ごもってしまったり・・・こんな感じで治るのだろうかスッキリした感じを取り戻せるのだろかと不安に思っています。
そもそもこの病気は完治するものでしょうか。

先生のご意見をお願いします。
もう一度検査し直し何か改善策があるのでしたら診てもらいたいと思います。

(Y.K様 女性 47歳 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

前庭神経炎の後遺症で浮遊感があるとのこと。

基本的にはめまい体操、リハビリが最適であろうと考えます。繰り返し苦手な動作を行うことで、症状が緩和してくれることを期待するものです。

しかし年齢背景より、もし、睡眠が浅かったり、無呼吸、低呼吸などの睡眠障害があるようならば、そちらの治療も並行して行うことをお勧めしたいです。良質の睡眠と水分、適度な運動とめまいリハビリ、これが良いのではと考えます。
お大事になさってください。

自分が円を描いているような感じで、一日中グラグラしています。(No.2218)

2016.09.01

3ヶ月前、回転性めまいと嘔吐で救急車にて運ばれ前庭神経炎と言われました。
落ち着いたら、どこでも良いので近くの耳鼻科に行って、と言われ、近くの耳鼻科のめまい外来に行くと「回転性めまいから3日目で眼振がほとんどないから、前庭神経炎でなく良性のめまいだから、寝てなくて良いし、薬もいらない」と言われました。

しかしフラフラがひどいので、メリスロンと血流を良くする薬を2週間分もらい、夜だけ飲んでいました。

一ヶ月はほとんど吐き気と食欲不振で食べることも出来ず、フラフラ感と食欲が戻り始めて体調もよくなりつつあったのですが、今度はグラグラ感・自分が円を描いているような感じで、一日中グラグラしています。
不思議なことに歩いていた方がグラグラはないです。

しかし、沢山歩くとグラグラ感はひどくなり、夜座って食事がとれない日もあります。
耳鼻科は3件回りましたが、眼振もないし異常なし。内科でも異常なし。神経内科でも異常なし。

MRIも異常なしです。針やマッサージも効果ありません。
あとは心因性だと思い今日行ってみましたが、漢方薬の加味帰脾湯を処方されました。
これは自分で調べて一月前に飲んでいたのですが、改善されない漢方薬です。

ワイパックスは以前から飲んでいて、今回もめまいが気になったら飲んでいますが、効果はありません。

更年期なので、ホルモン補充療法を2年前からしていて調子良く過ごしてきました。

仕事も短時間にしてもらってますが、続ける自信もなくして、毎日めまいの不安と戦っています。
アドバイスをいただけませんでしょうか よろしくお願いします。

(M.M様 女性 52歳 愛知県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

明らかな眼振はないけど、安静時に浮遊感があるとのこと。
この症状は当院でも非常によく伺います。同姿勢でいると足は動いていないけれど、頭がふらつく、検査してもどこも異常がない。

私の意見としまして、これは回転性めまいの余韻のような状態や頭が過敏になっている可能性があるのではないかと思われ、また生理的にも起こりうる症状であると考えております。

座っていても実際に揺れることもあるのですが、それで気分が悪くなるというのは嘔吐中枢が過敏になっているのであろうと察します。

私自身、お通夜で立位を保持しているとぐらぐらしているのが良く分かるほど、揺れた経験があり、これが患者さんが言っている症状だと確証を持った記憶があります。


対策としては、実際に立位負荷をおこなってふらつきに慣れていくと言ったリハビリが良いのではないでしょうか。

初めのうちは壁にもたれながら、もしくはすぐに壁に手がつける状態で開始し、徐々に補助なしで立位が出来るようになってください。

そのふらつきから回転性のめまいを起こす事は考えにくいので、自信を持っていくことが生活の質を高める結果になると考えます。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.