めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • メディア|めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報 メニュー

  • メディア掲載情報 トップ
  • 出版案内
  • めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報
  • 共同通信社 脳内地震のエッセイ集 〜現代めまい考〜
  • 紹介された新聞記事
  • Lancet 掲載論文

めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ 「新めまい学」紀伊民報

08

問診での「話し上手と聞き上手」

G「問診での「話し上手と聞き上手」

どんな病気でもそうですが、問診と言われる医者との会話が大切です。めまい患者さんの多くは、医者に話したいことがいっぱいある筈です。  相性が良さそうな医者には、一気にしゃべりまくります。長年、めまいに悩んでいるひとでは、その経過のあらゆることを一気に訴えるような感じです。何軒も行った病院のことを話したりします。グチも言います。

勿論、医者の方は、患者さんの言う細かなことに耳を傾けることは必要ですが、アレコレと話されたのでは、診察に必要な会話が進みません。聞いておかないといけないことが多いのです。 とくに症状やその程度についての表現は難しいものです。グルグル回転するのか、ふわふわ、あるいは、ふらふらといったものか。めまい症状の表現の仕方はひとによって違います。自分が感じる通りに話すのが一番です。例えば、天井は回らないが、自分の脳が自転車の車輪みたいに前後に回る、あるいは、一瞬、地震がいったかと錯覚したと、いう具合です。  
まさにめまいサマザマ。

めまいの症状や感じ方は、個人個人で異なります。問診の大切さが解ってもらえると思います。 医者の方も、できるだけ忠実にカルテに記載しますが、一苦労です。そこに「話し上手、聞き上手」と言った医者と患者との「あうん」の呼吸が必要でしょう。 なかには、冗談好きな患者さんもいます。  

初診の時に、地震がいったみたいとして来られたある患者さんに、「今度のめまいはどんな感じですか?」と聞く。 「そらセンセ、震度2ですわ」 「・・・・・・」

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.