めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

持病はいろいろあり、内科医と精神科医に通院しています。(No.1135)

2014.05.24

入野医院 御中 ネットで検索しているうちに、貴医院のホームページを見つけました。
相談を受け付けてくださるとの事、ありがとうございます。

最近の私の症状に付いて、以下に記述いたしますので、どうかご回答よろしくお願いします。
これは「めまい」といっていいのかどうかよくわかりません。「部屋がぐるぐる回るような気がする」と言う症状はありません。
ふらつき、あるいは平衡感覚の悪化、という症状です。

今年(2014年)の5月12日に発症しました。 その時は私が、母を病院に連れて行ったときでした。出発時は何ともなかったのですが、病院で、普通に歩けなくなってしまっていたのです。

幸い、母は車いすに乗っていました。それを押す私は、車いすのおかげでバランスを失う事も無く歩くことができました。 その状態が、今に至るまで続いています(今日は5月24日)。
外出するときは、必ず杖を使います。

一度、遠方(約2km先)まで、杖を使いながら歩いて行こうとしたのですが、「これでは途中で転倒する」という恐怖心が生まれ、途中で引き返しました。 私は、持病はいろいろあり、内科医と精神科医に通院しています。

この話をお二人ともにしたのですが、「一時的なものだろう」「その内治ると思う」と言われ、まともに相手にしてもらえません。 どうやら、ふらつきの原因は非常に多く、しかもその原因ごとに、受診科が違う、と言う難儀な病気なようですね。一体どこに行って診てもらえば言いのか、わからなくなります。

私の抱えている持病に付いて書きます。ふらつきの原因として考えられる物、実は私には、一杯あります。 まず、うつ病があります。
2002年に発症し、以後、良くなったり悪くなったり、を繰り返しています。今は、少しマシになった状態です。でもとても寛解とは言えない状態です。 次に、高血圧・動脈硬化・狭心症があります。

今でも薬を飲んでいます。 更には、高コレステロール血症・脂肪肝・尿酸の上昇もあります。 これらは生活習慣病で、自業自得だ、と言われたらその通りなのです。今でも、酒と煙草をやめることはできません。しかし最近、食事を肉中心から魚中心(特に青背の魚)に変えました。

また、極力野菜を多く食べるようにしています。 更に、最近、物が二重に見える、と言う現象があり、眼科医を受診したら、かなりひどい斜視があることがわかりました。
医者には手術を勧められていますが、目の手術には恐怖感があり、判断が出来ずにいます。この斜視は、かなり昔からあった物で、私にはそれを調節する能力が発達していて、今まで気づかなかったのだが、年とともにその能力が衰えたのだろう、と言われました。

なお、今から数年以上前だと思いますが、脳のMRI検査を受けたことがあり、無症候性脳梗塞と指摘されたことがあります。画像では、小さな白く映っている箇所が一杯あったと思います。
実は以前(記憶がはっきりしませんが、数年前?)にも、同じような平衡感覚の異常という症状はありました。このときは、精神科から多くの薬(SSRIや三環系など)をもらって飲んでいて、それらのほとんどの服用を辞めたら治ったのです。

ただし治ったと言っても、完全に元に戻ったわけではなく、その後も階段の上がり下りには、手すりをつかまないと出来ない状態でした。でも今では、その薬は飲んではいませんので、今回の症状は薬の副作用とは言えないと言う気がします。

残念な事に、今の私の状態では、兵庫県西宮市在住の私にはとても歩いて貴医院に通院することはできません。
何かアドバイスがあれば、どうかよろしくお願いします。
なお、このメールを公開する事に付いては、同意をいたします。

(K.O様 62歳 男性 兵庫県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

ホームページを見られて、ご自身でもお気づきのように、キーワードが多数あります。精神的疾患の既往、動脈硬化、白質病変または虚血性変化(MRIでの変化)、アルコール、複視などなど。

これらはいずれもめまいを自覚されている方によく聞かれるキーワードです。耳の情報がないため耳鼻科的疾患以外のめまいとして考えるならば、まずは無理かもしれませんが、飲酒を少なくもしくはふらつきがある間は禁酒が望ましいでしょう。

睡眠障害が大なり小なりあるはずなので、それが少しでも改善できれば今の症状が軽減することが期待できます。その他はリハビリしかないかと思います。

安定剤や抗不安薬を強くすると症状は軽減することが期待できますが、本意ではないと思いますので、それ以外での治療を目指してみては。
お越しになれるようになれば一度お越しください。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.