めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

ふらついて棚にぶつかったりすることがふえました。(No.1757)

2015.04.01

元々貧血ぎみで、普段からふらつきがあったので、目眩との区別が自分でつかなかったのですが、ここ3ヶ月くらいは後頭部がグルグル回っている感覚になります。

仕事中、座っている時になることが多いです。耳鳴りは2年以上前からあります。
最近は、ふらついて棚にぶつかったりすることがふえました。

でも、このふらつきと、後頭部がグルグル回る感覚とは同じタイミングではありません。そして、ふらつきがあるので、階段を降りるのがとても怖いです。

まっすぐ歩いているつもりでもまっすぐ歩けてないこともあるので、平衡感覚が鈍っているのかと心配になります。それぞれの症状に関連があるかは私にはわからないので、今感じる症状を、あげてみました。 よろしくお願いします。

(K.Y様 女性 29歳 奈良県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話内容よりは、不確定ですが頸性めまいを疑います。

もしくは低用量ホルモン剤の副作用の可能性もありますが、仕事中=パソコン作業ならば頸や肩に負担がかかっているため、やはり頸性めまいが疑われます。

頸の過伸展は耳の前庭神経にも関係してきます。

当院ならば念のため血液検査および起立性低血圧の検査(シェロングテスト)、聴力検査などを行いますが、いずれも否定的ならばますます頸性めまいが考えられると説明します。

まずは頸や肩の緊張が無いか確認してください。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.