めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

ふらふら感が頻繁にあることと、倦怠感があります。(No.2254)

ふらふらするめまいです。
5年位前から、ふらふらするようになりました。

症状は、立ちくらみが何度も来る感じですが、立ち上がった時とは限りません。ふらつき防止の薬(アデホスとメリスロン)を1か月くらい飲むと自然に改善していました。

はじめのうちは1年に1度か2度くらいで、1か月程度、長くて2か月くらいでおさまっていました。

ふらつきがひどいときは、注射をしてもらったこともありました。今思うと年ごとに少しずつ期間が長くなっていたかもしれません。

そして、ここ1年間は、ふらつきが毎日続いています。ふらりとくるのは、決まった時間ではありません。

いつ倒れるかもしれないと不安に思いながら生活しています。薬はアデホスとメリスロン。

昨年からは、血圧を上げるリズミックも飲んでいます。以前から上は100行くか行かないかという血圧状況です。最近は毎日計測し、朝は上が100前後下が70台。
夜は上が80台下が60台で、血圧が低いことによる症状ではないかということになっています。ふらつき以外では、時折の頭痛や頭全体が締め付けられる感じがしています。倦怠感、気持ちが上がらず、やる気が出ない、肩こり痛さという症状は毎日続いています。

以前から特に冬場は足先の冷えが厳しく凍傷ではないかと思うほどです。

靴下をはいて寝ています。「低血圧は倒れないから」と言われましたが、倒れるかもと不安でたまりません。最近は、脈拍の上昇も時々感じます。
ドブスのせいではないかと思ったりしています。6月に頭を見ましょうということでMRIを取りましたが、異常なしと言われました。

2015年1月には、車で通勤中に目の前が突然暗くなり、このままでは気を失って事故になると感じ、横によけようとしたところで、意識が戻るということもありました。このときもMRI異常なしでした。

左耳の耳鳴りは、2004年から続いています。高圧酸素療法を行いましたが、改善せずつきあわないとと言われて今に至っています。 とにかくふらふら感が頻繁にあることと、倦怠感そして気持ちが上がらずやる気がでないために、やりたいこともできずで困っています。

若干うつ傾向かなと思ったりもしています。よろしくお願いします。

(S.K様 男性 60歳 佐賀県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

めまいと自律神経症状とは相関すると考えております。

つまりめまいがある方は自律神経も乱れており、自律神経の乱れがある方はめまいがしやすいということです。それに睡眠障害が加わるとさらにその関係性が増すと考えております。

これまでの検査の中で、睡眠に関する検査は受けられましたか?

もし何らかの睡眠障害を自覚するようならば一度検査を受けることをお勧めします。

また当然ながら飲水は十分にとっていただき、できれば汗が出るくらいの有酸素運動(速足でのウォーキングなど)を3か月くらい続けてください。

いつ倒れるかもという不安感が強いという事を書かれていますが、不安神経症になっている可能性もあるので、そのような治療も並行しながらめまいに対する治療を行うことが良いのではないでしょうか。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.