めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

台風、長雨などの後は症状が強くなります。(No.2817)

2018.08.27

大変、お忙しいところ、申し訳ございません。
(現在の状態) 立っていても、座っていても24時間、頭がグラグラしたり、引っ張られる。

しゃがんでも、体を少し傾けただけでも、横になっても、歩いている時は船に乗っている ようだったり、背中に重りをつけているような感覚で、長く歩くことができない。

自分の体ではないような感覚なので、肩や首や背中の張りもある。頭はいつもはっきりせず、 麻酔がかかっているようで、考えがまとまらない。

特に台風、長雨などの後は症状が強くなり、そのまま、悪化してしまっているように思われる。
血圧は元々低く、90/60以下である事が多い。

経過; 平成29年5月: キッチンの湯沸かし器で首を曲げて洗髪をした後、ぷわんぷわんとしためまいが4~5回起こり、 次の日、回転性めまいが起こる。 平成29年7月: その後、ほぼ普通の状態に戻るが完璧ではなく、次第に目の症状が出る。(字を書いたり、近くの物を見たり、買い物で商品を見たりすると不快な違和感があり、気持ち悪くなる。狭いトイレや部屋では特に症状が強い) 平成29年11月: ふらつきはあまりなかったが、次第に強くでるようになる。 神経内科では、痙性めまい、耳鼻科では、深部知覚性障害などの診断を受ける。

また、前医にて施行した頭部MRIとCTおよび頭部MRAおよび頸部MRAでは、特に異常は指摘されず、頸椎X線では、わずかなストレートネックと変形性脊椎症を指摘されたのみでした。

さらに、起立性低血圧も否定されています。 以上、現在、首の姿勢やストレスに気を付けているものの、症状は一向によくなりません。 どうしたらいいでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

漢方薬 (補中益気湯、当帰芍薬散料)

(M.O様 女性 51歳 大分県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

ご指摘のように頸性めまい、もしくは深部知覚異常が考えられます。

しかし起立性低血圧や自律神経性のめまいの可能性は否定できず、繰り返しシェロングテスト(寝起きで血圧を測る検査)を受けられる事が良いのでは。
この検査の特徴は異常が指摘されればその疾患と診断できるものの、異常が出なかくても疾患を否定できるものではありません。

体調によって陽性、陰性が変わります。
いずれにせよ、まずは飲水を目標2Lしていただき、血圧の維持をしていただくことが大切で、場合によっては血圧昇圧剤も検討してもらうのが良いのではないでしょうか。

頸部の緊張を緩和させることも大切です。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.