めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

後頭部から首にかけて重い感じの違和感もあります。(No.2597)

2019.06.13

約一ヶ月半前に家のソファーで寝ていたら 急に激しい回転性のめまいと耳鳴り、嘔吐になり動けなくなり救急車で病院に運んでいただき入院となりました。

入院して翌日には回転性のめまいと嘔吐はなくなり10日ほどて退院しましたがましたが、耳鳴りと難聴は続いており、頭を動かしたり、歩いたり、パソコンを見続けると、頭がフラフラ、グラグラしてしまいまっすぐ歩けない状態が続いていて、後頭部から首にかけて重い感じの違和感もあります。

通院している耳鼻科では病名ははっきりと言ってくれず、CT.MRIも撮っていただきましたが特に異常はないとのことで聴力検査しましたが高音が聴きにくくなっているとのことです。

突発性難聴かメニエール病かなぐらいの診断ですがメニエール病であれば低音が聴きにくくなるので違うかもとのことです。半年ぐらい前に同じような回転性のめまいと気持ち悪さにみまわれたことありましたが、その時は30分ぐらで体調は戻りました。

通院している耳鼻科では薬を飲んで良くなるのを待つしかないとのことです。

仕事はパソコンを使用した事務職ですが車も運転できず仕事に行けない状況で、はっきりした病名もわからず、少しずつでも改善していれば良いのですが良くなっているとは思えない状態でどうしたら良いのか相談させて頂きました。
宜しくお願い致します。

(服用薬)メチコバール錠0.5mg トリノシン顆粒10% ベタヒスチンメシル酸錠6mg ジフェニドール塩酸塩錠25mg イソバイドシロップ70%30ml

(T様 44歳 男性 茨城県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話内容からだけでは何とも言えませんが、やはり耳性めまいが主体であろうと察します。
疾患の中には時に経過観察をしなくては診断名が判明しないこともありますので、確かに現時点でははっきりしないのかもしれません。

しかしながら治療の方向性としてはそれほど大きく変わらないので、やはり飲水と良質の睡眠を心がけ、めまいに対するリハビリを行いつつ症状の緩和を目指されるのが良いのかと思います。

気になる点としましては長時間のパソコン作業があるのならばそこから来るVDT症候群のような、頸肩こり、頭痛などがないかどうかという点は確認してください。

耳だけにとらわれず、全身のストレッチをすることで身体的ストレスから来るめまいの対応になるかと思います。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.