めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

このまま上手く付き合っていくだけではだめでしょうか。 (No.3015)

2019.09.24

四年前の四月に朝寝返りを打った時に回転性のめまいをおこしました。
耳鼻科で、メリスロンと、メコバラミンを服用しています。

脳のMRIを受けましたがお陰様で異常なしでした。 その後軽いめまいを何回かおこしました。 枕をたかくしたり、めまい体操をしたり、横になる時起き上がる時の動作に気を付けて生活していました。

お蔭様で薬も一日二回になり、枕も元の高さになりました。めまいもおこらず、診察台に仰向けに寝ることは苦手でしたが、寝返りもゆっくりですが出来るようになりました。

今年の二月、寝返りをうった時に回転性のめまいがおきました。(その頃、父が肺炎をおこして病院に日参していました。) めまいを起こして二週間ぐらいは、頭を動かすと、軽いめまいがおこったり、おこりそうになったりしました。

メリスロン、メコバラミンは一日三回にもどり、めまいがおきた時に服用するようにとセファドールを処方してもらいました。(二~三回、服用しました) めまいの他にほてりや、動悸などもあったので、婦人科の漢方外来を受診し紫胡桂枝乾姜湯を処方してもらい、体調の悪い時に苓桂朮甘湯を服用するようにいわれました。

体調になみはあり、めまいが起こりそうと感じる時はあります。仰向けに横になることも、寝返りうつことも苦手です。月一の耳鼻科での眼振検査も大丈夫です。

うまく付き合っていければと思っていたやさきに、先生より、末梢性めまいだと思うが一度大学病院で、精密検査をしてもらって診断を確定してみてはと言われました。

やっと落ち着いてきて、めまいもおきていないのに、検査でめまいをおこしてまたつらい日々を過ごすのは嫌だとはなすと、ムリにとは言われませんでした。

精密検査をしなくてはいけないでしょうか。 このまま上手く付き合っていくだけではだめでしょうか。
つたない文章で長々とすみません。 宜しくお願い致します。

(K様 女性 58歳 滋賀県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

精密検査をしたからと言って違った結果が出ることは考えられないです。
めまいは体調やストレスなどが大きく影響しますので、おっしゃる通り体調の波で調子の良い時や悪い時があるものです。

病名や原因にこだわり過ぎてもめまいを止める薬というものは世界中探しても存在しません。よっておっしゃる通り、うまく付き合っていくというのが最善の方法ということになります。

多少調子の悪い時があっても、悪化してるわけではなく、体調やストレスの影響によるものなので、あまり気にして薬を増やしたりする必要もありません。漢方の服用を続けているだけでも良いと思います。

詳しいくは下記の森口にご相談ください。お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.