めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

首を後ろにそらすと、目眩がします。(No.3165)

ご多忙の中、失礼します。
11月に首の痛みからはじまり、頭を動かすと回転性の目眩がする状態となりました。常にふわふわし、物忘れの症状も出る状態となってしまいました。

耳鼻科を受診したところ、「良性発作性頭位めまいが多少あるが、ここまで強く症状が出る程ではない。
疲れによるものではないか。残業続きの生活を変えないと治らない」と言われました。

乳癌の定期通院の時期と重なったため、主治医に相談したところ、造影剤を使用し頭部MRIの検査をしてくださいましたが、異常はありませんでした。(乳癌に関しては平成28年に初期に発見され、部分切除の手術を受け、放射線とホルモン療法のリュープリン注射は終了しています) 1年前の12月頃にも同様のことがあり、その際に受診した脳神経外科で「肩こりによるもの」と診断され、マッサージ等を受けるうちに2週間位でよくなった経過があったため、今回も同じくマッサージ等を受けていましたが一向に良くなりませんでした。

ちょうど職場で残業や人間関係でかなりのストレス状態にあったこともあり、精神的なものによるものなのかと考え、心療内科を受診し、「自律神経を整えましょう」と言われ、上記の薬が処方されました。心療内科で処方された薬の効果があったのか否か実感はあまりありませんが、めまいは徐々に治まってきて、安心していました。が、3月の下旬に再び首が痛くなり、4月に入ると頭を動かすと目眩が起きる状態になってしまいました。

特に首を後ろにそらすと、目眩がします。整形外科を受診したところ、「頚椎の3番と4番の間が、若干ずれており、首の筋肉の中に石灰化している部分があるが、様子を見て良い程度」と言われました。最後まで治まらなかった車を運転するとふらついてしまう症状も良くなってきた矢先に、再び振り出しに戻ってしまい、困惑しています。

〈追加説明〉 ・ニトラゼパムはホルモン療法が始まってから、不眠となってしまい、3年前位から服用しています。
・腰椎椎間板ヘルニアがあり、調子をみて上記の薬を使用しています。
20代の頃に大型トラックに追突され、むち打ち症を患ったことが2回あります。

その後、時々首~背中の痛みがでることはあります。 長々と書いてしまい、申し訳ありません。先生のご教示をいただければ、と思っております。 よろしくお願いいたします。

・外科:タモキシフェン、ニトラゼパム ・整形外科:リランキサー、ロルカム、メチコバール、モーラステープ ・心療内科:メイラックス、補中益気湯

(M様 女性 52歳 埼玉県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

当方の都合で返信が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。
まず、頸に負担のかかる癖、習慣の見直しが必要でしょう。頸部の緊張からも自律神経の異常をきたします。

やはり一番多いのはPC作業やスマホになります。

その際の姿勢が問題なのかもしれません。腰は椅子にもたれ、できるだけ体を起こし、さらに適度な休息をとることが必要です。

これらが肉体的ストレスになって、カテコラミンという物質の過剰分泌がなされ、結果、頭痛、肩こり、めまいなどを引き起こしさらには胃腸不全、微熱、虚脱(体に力が入らない)などを引き起こすことがあり得ます。
また精神的ストレスも、同様に体内のホルモンバランスを崩すことは周知の事実で、特に腰痛、頸コリをきたしやすくなります。

内服内容としては十分に良いと思いますので、継続されてしっかりと水分、この時期は難しかもですが、適度な運動、良質の睡眠を心がけてください。

何か手術して良くなるものでもなく、特効薬があるわけでもありません。しかし漢方には期待したいと思われ、もし持続するようならば、半夏白朮天麻湯なども試みてもらっても良いかもです。

お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.