めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

月別アーカイブ

2013年6月までのQ&Aはコチラ

めまい相談/一番星クラブ

この症状は何という名称の目眩で、原因を教えて下さい。(No.3416)

5日前の20日に朝方トイレに起きた時は何もなかったのですが、ベットに戻って横になった際に真っ暗の中でもベットの中で目を開けていると視界が頭を動かす度にクラッとする様な変な感覚がありました。

気のせいかと思い再度眠った2時間後に起床する為に立ち上がった途端に体が右に傾いて行くような、引っ張られて真っ直ぐ歩けない状態になりました。

これまでの人生の中で所謂目眩として経験したことがあるフラフラするとか、天井が回ったり、貧血の様に暗くなったり、何となくフワフワした感じの症状とは全く違う感覚で、初めての感覚だったので大変驚きました。

翌日は朝方にトイレに起きた時にまた同じ症状が起きましたが再度寝た後の起床時には同じ症状は幸い起きておらず、それ以降今日までこの症状は起きておりません。この症状は何という名称の目眩で、原因を教えて下さい。

22日以降は何となく立っている状態で身体の向きを変えるとフワッとする感じがする時があるため、その度、鏡の前で足を揃えて直立すると、僅かに体が右に揺れていることがあります。

去年の夏まで更年期の後期だったこともあり、この体が横に僅かに揺れる症状は以前も何度かあり、自然と治っては忘れた頃にまた数日続くことがありました。今回は日を追う毎に揺れる幅が減り、良くなっていたのですが今日、椅子でうたた寝をして目を開けた時に5秒間位ですが、景色が右にサーッと流れて行きました。これも初めてで気になっております。

2020年の3月に右肩が酷い50肩になり、一年後に治った途端、入れ替わりに去年の3月から左の50肩になり現在も痛みで日常生活に不自由があり、夜間痛で起きてしまう状態にあります。

私は海外在住のため、日本の様には思うような治療が受けられずにおります。

また現在も昨年からの歯科治療が続くなど、かなりストレスが蓄積している状態にあるのですが、そういうことも関係しているでしょうか。

日本の様にめまいの検査を受けられる様な専門的な病院や脳外科などは残念ながらありません。また、ストレスにため、しばらく病院にはこれ以上行きたくないという気持ちが正直なところでございます。

先生のご見解と対策、また、どれくらいを目安に回復しない場合、内科でも耳鼻科でも診察を受けた方が良いか等、アドバイスを頂きたく何卒、よろしくお願い致します。

(M様 東京都 女性 60歳)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

発作状況や症状などを伺ったところ、良性発作性頭位めまいではないかと想像いたします。

これがなぜ起こるかはよくわかっていませんが、基本的に寝起き、寝返りの時に回転性のめまいや平衡感覚がずれるような状態になる事が特徴です。聴力には影響を与えません。

カルシム不足や水分不足などがあるのかもしれませんが、ストレス、疲労なども引き金になるため注意してください。今は治まってきているならば、特に医療機関にあえて受診する必要はないと思います。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.