めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

高齢の父のふらつきが心配です。(No.631)

2013.05.16

父親の相談です、よろしくお願いします。 父は88歳です、糖尿病ではありますが、特に大きな病気もなく、現在も健康にしております。

半年前くらいから、1時間位自動車に乗った後、車から降りて歩き出すと、20メートル位歩いた所から上半身だけ前へ前へと進みだし、足がついていかないので前のめりに倒れこんでしまうことがあります。

最近ふらつく頻度も高くなってきました。本人は目が回ると話しています。しばらく休むと治るのですが、倒れて怪我をしたらと心配です。対処法等ありましたら教えていただきたく、どうぞよろしくお願いします。

(M.K様 女性 大阪府 48歳)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

高齢者のふらつきと言うことで、一度頭部MRIや神経内科的な検査を受けられた方が良いような印象を受けました。
小脳失調やパーキンソン病のような病気や脳梗塞の影響があるのかもしれません。

取り急ぎは血圧の管理をしっかりしていただく事と、飲水を多くしていただく事をお勧めしますが、背景より心疾患、腎疾患の鑑別を行ってから飲水を取るようにした方が良いと思います。

それと杖歩行は嫌がるかもしれませんが、転ばぬ先の杖とはまさに文字通りです。ご検討ください。お大事になさってください。

参考ページ

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.