めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

イメージ

当医院では、「めまい」に関するお悩みを、メール上にて院長が直接お答えいたします。
めまいを治す最大のポイントは、あなたからの情報です。
めまいはいろいろな原因によって起こります。
その原因となるものが、 患者さんご自身の日常生活動作や環境によることが多いと考えられます。
その情報を解析することにより、あなたの現在悩んでおられるめまいや将来の再発予防の為のめまい相談コーナーです。
何でも気軽にご相談ください。

下の「めまい相談する」からお気軽にどうぞ。

  • 確認のため、または追加情報が必要な場合、こちらからお電話いたします。
    電話が通じない場合は回答できませんのでご了承願います。
  • ご質問内容によって適切な回答ができない場合がございます。
  • 休診日のお問い合わせは、回答が遅れる場合がございます。
  • 通常メールいただいてから、10日以内には回答する予定です。

よろしくお願いいたします。

ご注意

※めまい相談された方のメールオプションの設定、又はメールアドレスの入力間違い等により、当院よりの回答をお届けできないことがあります。
※めまい相談された方には折り返し相談内容確認の自動メールが返信されます。
※数分以内に当院よりの確認メールが届かない場合は、 迷惑メールの中に入っている場合もございますので、確認お願いいたします。 迷惑メールの中にない場合は、氏名、電話番号を記入の上 memai@irino.jp にご連 絡ください。

めまい相談する

多くのご質問をお寄せいただき、ありがとうございます。
皆さんからいただいたご質問の中から公開に同意していただいた相談内容のみを毎月数件、 個人情報を編集して掲載させていただいてます。
同じ悩みをお持ちの方もおられると思います。ぜひ参考にしてみてください。

めまい時にはどこかに捕まってしゃがみこみやり過ごす時もあります。(No.1860)

2015.06.12

こんばんは。 めまいに最初に襲われたのは5年程前です。

なんの前触れもなく突然でした。友人と別れた20:00頃(夕食はとっていませんでした)吐き気、目の前が真っ暗になりめまい意識を一瞬なくしたかもしれません。

吐き気の時点で、障害者トイレに駆け込みました。 4年程前、3年程前は電車で立って乗っているとき段々体が暑くなり目の前が真っ暗になりめまいに襲われました。

この時は吐き気はなかったです。ドアに寄りかかりどうにか立っていたと思います。

立ちくらみはよくあります。また、会社で怒られると突然血の気が引き目の前が真っ白になりクラクラしたりも5年程前より年に数回あります。

先日はひどく上司の前で怒られ目の前が真っ暗になり膝をつく形で倒れてしまいました。

この頃は家では立ちくらみが激しく、めまい時にはどこかに捕まってしゃがみこみやり過ごす時もあります。

(S.K様 女性 36歳 東京都)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

自律神経性のめまいではないでしょうか。最初のエピソードはよくわかりませんが、あえて言うならば緊張からの緩和なのかもしれません。

友人とどのような間柄か、疲労度がどの程度であったのかにもよるかと思います。

しかし後半のエピソードは明らかにストレスが引き金になっていて、迷走神経反射のような状態になっていると考えます。

怖い病気の可能性はまずないと思われ、強い気持ちを持つことが大切でしょう。
お大事になさってください。

突発性難聴と診断され、その後、くらくらするめまいがあったりなかったりが続きました。(No.1859)

2015.06.12

宜しくお願いします。 6年ほど前に左耳を突発性難聴と診断され、その後、めまい(くらくらするめまい)があったりなかったりが続きました。

その後、めまいのない状態の中で、10月に就寝中に激しい回転性めまいがあり救急搬送、この時は点滴でおさまり、ひと月後の11月に食事中に回転性めまいに襲われ、救急搬送で4日ほど入院。点滴治療。さらにひと月後の12月にふたたび回転性めまいにより1週間ほど入院。点滴治療。

半年後の現在、回転性のめまいはないものの、くらくらするめまいはあったりなかったりの状況で、お医者様からは、三半規管がひどくやられてしまっている後遺症で、上手くつきあっていくしかないとのこと。治らない様なお話しでした。 MRIでは脳に異常はありませんでした。

(M.C様 男性 49歳 神奈川県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話の印象としては、突発性難聴の後遺症がまず疑われます。

しかし治らないというよりは出来るだけ再発しないようにと考えるほうが良いのでは。めまい自体増悪軽減を繰り返す事は多々あります。むしろ完全に治ると思っていためまいが再発する時ほど、ショックであり不安が増します。

ですから当院ではできるだけ良い状態を維持するように、日常生活の注意や工夫を指導させてもらっています。またどうしても起きてしまった時には頓服薬で対応できることもあるためあらかじめ処方しております。


一般的に突発性難聴の後遺症に対してはリハビリ(めまい体操)が効果的ですので、がんばって行ってください。
お大事になさってください。

高校1年生の息子ですが毎日めまいがおきて学校も通えません。(No.1858)

2015.06.10

現在高校1年の息子のことでご相談させてください。
小学校4年のときに朝イスに座っていたら急に力が抜けてしまったらしく、イスから落ちてしまい、足に力が入らず自力で立ち上がることもイスに戻ることもできませんでした。 その後しばらく経ってから、朝方寝ていたら急に「ぐるぐる回る!気持ち悪い!」と泣き叫び、体を動かそうとしたら「気持ち悪いでやめて!」と言いながら30分程叫んでいました。

それからたまに「景色がぐにゃってなる」と言うことがあり、小児科にかかり「中学生ぐらいの子はホルモンバランスが崩れるから調子が悪いんじゃないか」と言われ、それでも落ち着かなかったので耳鼻科で検査してもらいましたが異常はなく、様子見だったのですが、中学3年生のときに自転車に乗っていて転んでしまったことを覚えていないということがありました。

自転車に乗っていたことは覚えているが、どうして転んだのか、転んだ瞬間のことの記憶もないというのです。

その後も学校でめまいが起き、迎えに行ったときに先生が私の車まで息子をおぶってくれたのですが、おぶられた記憶も車に乗って帰ってきた記憶もないと言います。 そのときに寝ていたわけではありません。うなづく程度ですが、受け答えはしていました。 高校生になり、5月半ばに「めまいがして授業が受けられない」と早退してから今日までほぼ毎日めまいが起きていて学校も思うように通えていません。

神経内科で診てもらったら、「メニエールか精神的なものじゃないの?」と言われCTだけ撮ってもらいましたが異常はなく、気になったので以前受診していた耳鼻科に行き検査してもらいましたが、メニエールではないとの診断で今出されている薬を飲んでいます。

先日、他の神経内科で脳波をとってもらい、月末にMRIを撮ってもらう予定ですが、今朝も起きるときに「ダメだ!フワフワする!」と言って一人では立てず、今も寝ています。寝ている間もうなっていることがあります。本人が言うには、「無重力みたいで怖い」そうです。 原因もわからず、こんな状態が続いているのでメールさせていただきました。 よろしくお願いします。

(U.K様 女性 41歳 愛知県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

まずは頭のMRIおよび脳波の検査結果が気になるところです。

その他くびのMRIも必要に応じて検査することもお勧めします。
日中に眠気が突然襲う、居眠りをしている等の姿は目撃しませんか?

背景に睡眠障害が隠れていることもありえますので、もし検査で異常を認めないようならば睡眠外来への受診も検討されてみては。

本人はおおげさでは無く、恐らく真剣に悩んでいると思います。

もし心因的なストレスが本当にあるならばそれらの解決も考える必要がありますが、原因が特定できなくても、徐徐に軽減するようにめまいのリハビリなるものを行ってください。
お大事になさってください。

頭のてっぺんや後頭部がジンジンと痛み目眩が治まりません。(No.1857)

2015.06.09

一ヶ月半前から、目眩が治まりません。
長く続くのでとても困っています。 ふわふわとした、波打つ海の上の船に乗っているような感覚です。

椅子に座っているときも倒れるような感覚になります。
たまに首が張ったような感じがして、頭のてっぺんや後頭部がジンジンと痛みます。

目の奥や鼻がツンと痛むこともあります。 目眩と頭痛意外の症状はありません。吐き気も全くしませんし、手足も痺れません。食欲はあります。視野が欠けたり、ぼやけたり、二重に見えたり、耳が聞こえにくいということもありません。 回答お願い致します。

(K.K様 女性 18歳 大分県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

頭や後頭部がジンジン痛むというのは、まず緊張性頭痛からの症状だと考えます。つまりは肩や首がこっていることが考えられます。

筋弛緩剤だけでは不十分であることも多々ありますので、ご自身でその原因となるような癖習慣の改善、またはストレッチを心がけてください。

寝ている時の歯ぎしりや枕の高さも大切です。
以上より頸性めまいの可能性は否定できませんが、今のところ何とも言えないと思われます。

現在かかられているところの主治医とよく相談のうえ、場合によっては耳鼻科的な検査や治療、整骨院や鍼灸もお試しください。
その他携帯、スマホ、パソコンなどの長時間使用があれば、すぐにやめるようにしてください。
お大事になさってください。

一瞬グラッとめまいがすることが度々ありました。 (No.1854)

2015.06.09

はじめまして お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
数か月ほど前より、じっとしているとき(仕事でPCを打っているとき、本を読んでいるときなど)に一瞬グラッとめまいがすることが度々ありました。

一瞬だけのめまいであることと、何日も続けておきることが今までなかったため気持ち悪いとは思いつつも放置していたのですが、昨日は3度ほど同じようなめまいがあり、どこかが悪いのかと少し不安になってきました。

フワフワ感のあるめまいで半年ほど前に脳神経外科でMRIをしましたが、異常はありませんでした。(ビタミン剤をもらって終わりました) その際は内科へも行ったのですが、めまいは我慢するしかないので我慢しなさいとのことでした。

今回のような一瞬体が傾く感覚のあるグラッとしためまいではどこも受診をしておりません。 よろしくお願いします。

(M.K様 女性 40歳 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

グラッもフワフワも良く似た異常で、浮遊性めまいの一種かと思います。

中には耳石が影響していることもあるかもしれませんが、一瞬のふらつきに関しては確かに心配し過ぎる事は不要です。お話内容より頸に関する検査は受けておられないようですから、もしお近くでしたら一度お越しくださればと思います。


完治することは難しいかもですが、予防法や起こしにくくする事は提案できるかと思います。
お大事になさってください。

真珠種中耳炎の2回目の術後から回転するような眩暈がおきました。 (No.1853)

2015.06.08

はじめまして。
ご相談させていただきます。
今年の3月に真珠種中耳炎の2回目の手術を行いましたが。 術後2日目から回転するような眩暈がおきました。

しばらく様子を見ていましたが、 3ヵ月経った今でも、 最初程ではないですが 歩いたり、物を拾う動作を行うと眩暈(浮遊感)が 出ます。

ちなみに全く動かなければ浮遊感もなく大丈夫ですが 少しでも動くと浮遊感があります。

手術を行った先生には相談しましたが 原因が分からない(それ程詳しく調べてない)の 一点張りです。
このまま治らないのではないかと不安でいっぱいです。
どうかご返信お待ちしております。

(O.K様 35歳 男性 福岡県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

耳鼻科の先生の中でもめまいが得意な先生とそうでない先生がおられます。

他の耳鼻咽喉科の先生にも確認されてみる事は一つの方法です。

また原因が判らないめまいも確かにありますので、追求するよりも治療を優先されることが望ましく、めまいのリハビリをしっかりとされてみてはいかがでしょうか。

もし頸や肩の緊張、睡眠が浅いなどの症状があるようならばそれも治療の足を引っ張ることになるので、軽減することをお勧めします。
お大事になさってください。

不安感は何か違う薬を飲めば改善されるのでしょうか?(No.1850)

10年ほど前よりバセドー病でありメルカゾールを服用しております。 1年前に壁の絵が前後に動くようなめまいに襲われ(前日に神経をすり減らす事があった)その後、人ごみに行くと落ち着かない(ふらつく)ようになり8月頃より仕事が忙しくなったせいもあり不眠となり、マイスリー5mgを服用するが熟睡はできず翌日ふらきと不安感を覚えるようになり、その後はのぼせ、動悸が出るようになり仕事を続けるのが困難なくらいの不安感に苛まれ12月末にて会社を退職いたしました。

仕事のプレッシャーから解放され、ましになるかと思いきや体調は一向に改善されず甲状腺ホルモンの数値は上昇、婦人科では更年期障害と言われ、血圧も高いことがわかりました。

現在ジムへ通いなるべく体をうごかすようにしていますが、物が動く時にクラっとくるめまい(テレビを見ていてもおこる)眩しい時やスーパーで物がたくさんある所でもクラっときます。

人の目をみて話をするのもつらいです。こんな感じなので外出したあとは大変疲れてしまいますし集中力もありません。 絶えず不安感がつきまといます。

更年期、バセドー病のホルモンのバランスのせいかと思っておりましたがこちらのホームページに出会いご相談させていただきたいと思いました。

婦人科の薬(加味逍遥散)甲状腺の薬(メルカゾール)を飲んでも改善されないふらつき、不安感は何か違う薬を飲めば改善されるのでしょうか? 現状、再就職をするにも体調の不安があり困っています。 ご回答いただければ大変たすかります。 よろしくお願いいたします。

(N.R様 女性 49歳 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

印象としては頸性めまいや心因性めまいを疑いますが、この治療をすればピタッとめまいが止まるという治療はないようにも思えます。

内服内容からも心療内科での治療は外せないと思われ、まだまだパニック症候群になりやすい背景が伺われます。

まずは基本的に頸に負担のかかることは避ける事が大切で、格闘技や無酸素運動(筋トレ)は避けるほうが望ましいのでは。むしろめまいに対するリハビリをしっかりとされることが良いと思います。

遠方でもありますから、もし受診される際には十分に検討されることをお勧めします。
お大事になさってください。

約2週間ずっと平衡感覚がなく、フラフラしてます。 (No.1849)

初めまして、25歳の女です。 約2週間ずっと平衡感覚がなく、フラフラしてます。

フラフラが開始した当初は丸で二日酔いのような感じで、吐き気もありましたが吐くことはなかったです。

一応めまいから1週間経ってから耳鼻科に行ったのですが、左右のバランスが悪いのと、顔を右に向けると目が左に行こうとしていることが分かり、「あるとしたらメニエール病の可能性が高いですね」と言われ、めまい吐き気止めと血流をよくする薬をいただいたのですが一向に効きません。 それと同時に親知らずのせいで歯茎が腫れていることがわかりました。

歯茎の腫れがおさまったら抜く予定ですが、目眩があるのに抜いても大丈夫ですか??

そして、脳の検査はまだ1つもしてないのですが、したほうがいいですか?? ちなみにストレスは確かにありました。 お手数ですが回答お願いします。

(C.R様 女性 25歳 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

一時的に抗不安薬を服用するのも一つの方法です。頸に緊張がある方も効果的です。

漢方薬は効果があれば継続されることをお勧めしますが、更年期症状がひどいようならば、低用量ホルモン療法やプラセンタ等の治療も効果的かもです。お近くでしたら一度お越しください。
お大事になさってください。

前庭神経炎の後遺症と診断されました。(No.1848)

2015.06.04

はじめまして。 
二年前に母親が朝5時頃急に 天井がぐるぐる回る様なめまいになり、嘔吐が止まらず救急車で脳神経外科へ搬送され入院しました。 MRIの検査等問題なく症状も落ち着いてきた為、約二週間程で退院したのですが...
その後、ふらつき等の症状が残り、色々な病院を現在迄に約二年間以上。。回ったのですが症状が改善されません... 母親もフラフラです。。

今回、そちらで、診療して頂きたく思うのですが、改善の余地は果たしてあるものなのか(心因性と診断されたことも有り)?、今迄の経過等をお伝え致しますので、アドバイス等教えて頂きたく今回相談させて頂きました。

お手数ですが、ご返答お待ちしております 宜しくお願い致します 経過  平成25年 4/9 喜馬病院⇒脳神経外科入院 二週間で退院(メリスロン6mg服用開始)) 5月 東大阪市立市民病院耳鼻科⇒良性発作性頭位めまい症と診断されました 7月 大和郡山病院耳鼻科⇒リハビリが良いと診断され、リハビリを開始 

それから、一年間薬を止めました 10月 耳鳴りが始まりました 平成26年 9月 大平耳鼻科で診察を受け心因性めまいと診断されました。  
(メイラックス2mg服用開始) 11月より (スルピリド50mg メイラックス半錠服用) 平成27年 1月~現在 カメカワ医院(内科)にて診療   
(メイラックス半錠 マイスリー10mg服用) 4月大阪中央病院にて検査 MRI(頭)CT(耳)レントゲン 診断結果 前庭神経炎の後遺症と診断されました

現在の病状 ・歩くときにふらつきが有る(足底が地面についていない感じ) ・首から肩にかけてコリが強く頭がボーとする (最近は常時) ・起床時はましだが、洗濯や朝食の用意をしているとふらついてくる (椅子の背もたれに、しっかりと背中を固定しないと頭がふらつく感じがする) ・夜中にトイレに起きたらふらつきが無い!
・下を向く姿勢がつらい
・夜は熟睡出来ないので薬を飲んでいる
・自転車に乗れるが降りて歩くと足下がフラフラする お忙しいかと思いますが。何卒宜しくお願い致します

(K.K様 女性 66歳 大阪府 )

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

印象としては前庭神経炎の後遺症との診断が妥当な感じですが、やはりリハビリが必要となってくるため、根気よく続けることが良いでしょう。

高齢になると体幹の筋力も低下するためそれが足を引っ張っている可能性もあるのでは。

もし当院にお越しいただければ、耳以外に何か指摘できることがあるかを検査したく思います。

睡眠障害があるようなので、治療のヒントが得られるかもしれません。
お大事になさってください。

耳鳴りや中耳炎に関連しためまいやふらつきでしょうか?(No.1844)

2015.06.01

幼少から、中耳炎に度々なり、成人してからも、風邪を引くと、耳の聞こえが悪くなり中耳炎になります。

最近、風邪を引いてもないのに、耳鳴りが大きくなり(元々耳鳴りはあったのですが)、頭痛、吐き気、ふらつきを伴うことが多くなりました。

以前、病院から良性発作性頭位めまい症と診断され、薬を服用していますが、めまいの種類が、起こる時々で変わるので、どうしていいのかわかりません。

最近は、頭痛、耳鳴りが大きくなった、吐き気、ふらつきがあります。 それと、時々、寝返りをうった時にぐらぐらする、朝起きた時に、天井が回転している感じのめまい。

それから、年に一、二度、急に耳鳴りが大きくなり、周りの音が聞こえなくなり、吐き気、目の前が真っ暗になり、立ってられなくなる状態があります。

脳のMRIは異常なしで、耳鼻科での聴力検査では、左耳の低音が聞き取れません。 耳鳴りがするのも、中耳炎になるのも左耳です。 あと、3年ほど前から、そう極性障害で通院しています。

これらのめまい、ふらつきは関連しているのでしょうか? ふらつきはしょっちゅうあるので、気になりメールいたしました。

(I.R様 女性 34歳 熊本県 )

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

印象としては耳が主体のめまいであろうと考えられますが、その中でも遅発性内リンパ水腫やメニエール病が疑われるのではないでしょうか。繰り返し生じているようならば、まずは主治医とよく相談して予防薬や漢方等も検討してもらってはいかがでしょうか。

また生活習慣の改善も必要です。

しっかりと飲水、良質の睡眠、ストレス疲労の緩和等をしっかりと心がけてください。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.