めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

イメージ

当医院では、「めまい」に関するお悩みを、メール上にて院長が直接お答えいたします。
めまいを治す最大のポイントは、あなたからの情報です。
めまいはいろいろな原因によって起こります。
その原因となるものが、 患者さんご自身の日常生活動作や環境によることが多いと考えられます。
その情報を解析することにより、あなたの現在悩んでおられるめまいや将来の再発予防の為のめまい相談コーナーです。
何でも気軽にご相談ください。

下の「めまい相談する」からお気軽にどうぞ。

  • ご質問内容によって適切な回答ができない場合がございます。
  • 休診日のお問い合わせは、回答が遅れる場合がございます。
  • 通常メールいただいてから、10日以内には回答する予定です。

よろしくお願いいたします。

ご注意

※めまい相談された方のメールオプションの設定、又はメールアドレスの入力間違い等により、当院よりの回答をお届けできないことがあります。
※めまい相談された方には折り返し相談内容確認の自動メールが返信されます。
※数分以内に当院よりの確認メールが届かない場合は、 迷惑メールの中に入っている場合もございますので、確認お願いいたします。 迷惑メールの中にない場合は、氏名、電話番号を記入の上 memai@irino.jp にご連 絡ください。

めまい相談する

多くのご質問をお寄せいただき、ありがとうございます。
皆さんからいただいたご質問の中から公開に同意していただいた相談内容のみを毎月数件、 個人情報を編集して掲載させていただいてます。
同じ悩みをお持ちの方もおられると思います。ぜひ参考にしてみてください。

不眠は相変わらずで、薬をのまないと、何度も目が覚め、寝た感じがありません。(No.2189)

2016.07.25

お世話になります。このサイトに出会えて、よかったです。
3年ほど前に、家族の病気・介護からうつ状態になり、体重が10キロ減りました。その頃、突発性難聴、三叉神経痛、帯状疱疹を患いました。

3ヶ月前くらいまでは、グランパムも服用していましたが、体調がいいようなので、現在はやめています。体重は、2キロほど戻りましたが、現在39㎏ほどです。

精神科は受診しましたが、薬の服用はなく、1年ほどカウンセリングが行なわれました。

現在、気持ちも安定していることが多いのですが、夕方近くなると、気持ちがイライラすると言うよりも焦った 感じになることがよくあります。 不眠は相変わらずで、薬をのまないと、夢を多く見て何度も目が覚め、寝た感じがありません。

そんな翌日は、体がとにかくしんどくて、頭がふわふわして、何も考えられない状態です。

そして朝から元気でも、夕方近くになると、頭がふわふわしてくることがちょくちょくあります。

頭がふわふわして、安定感がなく、身体が右に寄って歩く感じです。吐き気や、目が回っている感じはありませんが、体がだるくて、食欲もありません。 夕方は、全般的に体調が悪くなることが多く、昼食は取っていたり多少の感触もしているはずなのに、貧血っぽい感覚があり、チョコレートを食べてみたりしています。

血液検査では、貧血といわれたことはありません。 ただ血圧は低く、上が100以下のことが多いです。白血球も、このところ3100~3500です。 夕方から、講座の仕事に出ることも多く、不安があります。 アドヴァイスを、よろしくお願いします。

(F.K様 女性 58歳 岡山県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

同様の症状はよく伺いますが、やはり睡眠障害が影響していることが主体で、自律神経異常を来たしているものと考えます。

生理的にも昼食後、夕方あたりには眠気を感じやすい時間帯なので、そのころには頭の働きが鈍くなり、抑制が利かなくなるのが影響しているのではと考えております。

少し仮眠(30分以内)をとることも有効と考えております。
現在漢方も服用中ですが、補中益気湯を長期に服用していても今一つならば変更を考慮してもらうことも方法の一つかと思います。

また、鬱になっても薬の服用をせずにカウンセリングだけで対応していたということより、薬に対する抵抗感もあるのではと察しますが、依存性、耐性が少ない抗不安薬もありますので、改めて内服の補助を得ながら治療をされることも良いのでは。
お大事になさってください。

めまいの症状がでるときは腰から右膝のしびれが感じるようになってきました。 (No.2185)

既往歴 リウマチ熱(6歳) 糖尿病、中耳炎(44歳) 症状と経過 2005年頃 仕事中(製造業)に突然、目の前が真っ暗になっりました1秒程度で元に戻たっりましたが、その日はフラつき感が続きました。

その後は仕事でないときは症状は出なかったのですが、仕事中は、毎日のようにふらつき感がでるようになりました。

歩行時は症状はないのですが、同じ場所に立ち続けるときは、症状が辛く感じ、近くの総合病院を受診 耳鼻科では、原因がわからず、内科でデパスを処方されて、服用したところ、嘘のように症状が改善されましたが、服用後3、4時間経つとまた、ふらつき感が出てきます、仕事中は 仕事前と、昼休憩中にデパスを服用しています。

症状があまり出ない時期もあり デパスの服用を忘れる時期もあるのですが、1年から2年に1回 仕事中に 目の前が真っ暗になる症状が、出てふらつき感が出るということを繰り返しています。

1番最初の受診した総合病院で脳のMRI検査で異常なし 数年経過して 神経内科で脳のMRI検査で脳の左側の血管が細いと診断され 脳の血流をよくする薬を処方されましたが、改善せず、レントゲン検査で心臓が肥大しているとも、診断されましたが、その治療はありませんでした。 

その後 根本的な原因が知りたくて 神経内科を複数受診しましたが、起立性低血圧、反対に起立時に血圧が高くなる、交感神経と副交感神経のバランスが悪いと診断されました。

各病院ともデパスの処方は消極的で 他の薬を処方されましたが、ふらつき感は悪化していく感じがしたので、 デパスで症状がよくなるのなら、デパスを服用しなさいという 脳神経外科を5年通院しています。

その脳神経外科では 脳のMRI検査、てんかんの検査頸動脈の動脈硬化の検査等しましたが、どれも異常なしでした。
2010年 会社の健康診断でHbA1c(JDS値)で7.2 で糖尿病と診断されました その後体重を減量し近年は NGSP値で 6.0~5.7の値に落ち着いています。

この頃 めまいの原因は 首のこりが原因の一つとききました。
私の症状で首のこりは関係あるのでしょうか。 首より腰の違和感があり、この頃めまいの症状がでるときは腰から右膝のしびれが感じるようになってきました。  

(H.R様 男性 50歳 愛知県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

平衡感覚は眼、耳、体幹の3要素から入力されます。よって腰を含む体幹は重要な因子になるわけです。くびと腰は神経および脳脊髄液で覆われており、連携していると考えております。

当院ではくびだけではなく、腰の重要性についても説明しております。
お話内容より、結果的に起きている症状は自律神経反射によるものと思われます。一過性の血圧低下により眼前暗黒感と言う物凄い名前がつく、失神の前兆のような状態になっているのでしょう。


腰の痛みがあるならば、一度レントゲン、MRIも検討してもらってはいかがでしょうか。ヘルニアになっているかもしれません。

また反り腰になっていると、猫背、ストレートネックになっていることも予測され、首や肩の凝りやすい形状になっているかもです。


整形外科では、首からのめまいは否定されることが多いのですが、実際に頸性めまいというものがありますので、首を大事になさってください。
お大事になさってください。

脳脊髄液減少症もあります。(No.2184)

ここ数日前から、寝ていて寝返りをうったときに回転性のめまいがおこります。

寝ているよりも座っているあるいは立っているほうがめまいが起こらないのです。 そのため、寝るのが怖いから、睡眠障害がおこっています。 化学物質過敏症があるので、平衡感覚は悪いです。

脳脊髄液減少症もあります。
頸椎がひどく悪くて、首に熱をもっています。 頭を動かしたときにめまいがおこるので、耳が原因のものじゃないかと思って、耳鼻科で検査してもらおうと思いますが、頸椎が原因かもと思ってきました。

寝がえりすると目が覚めてしまうので、熟睡できるようにしたいのですが、何か対処できることがあれば教えてください。 乱文すいません。

(K.B様 51歳 女性 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話の内容より、恐らく良性発作性頭位めまい症が主体と考えます。頸も影響しているかもしれませんが、一般的ではありません。

まずは少し枕を高めにして寝るようにするか、体をお越し気味で寝るようにしてみてください。

またエプレー法等めまいのリハビリにも着目して積極的に体を動かす事、十分な水分、カルシウムの摂取を心がけてください。
お大事になさってください。

毎日頭がふわふわとしてすっきりとしない日々を過ごしています。 (No.2183)

2016.07.12

お忙しいところ失礼します。
1年前、突然ふわふわとしためまいに襲われ、その日以降毎日頭がふわふわとしてすっきりとしない日々を過ごしています。

ふわふわするめまいは24時間常にですが、それに加え急に角を曲がったりや素早い動きなどをするとくらっとする感じや、ひどい日は目を動かすだけで頭がくらくらしたり、横になっていたら世界がぐるぐるまわる感じがしたり… さらには二日酔いのような吐き気もほぼ毎日伴ってきました。

これは仕事に行くのがしんどいと思い、内科を受診しましたがよくあること、すぐ治るでしょうと言われましたが2週間経っても何も変わらず。

その後耳鼻咽喉科を受診しました。
そのでも聴力の検査や均衡感覚の検査などしましたがしましたが異常なく… 脳神経科でCTをとったりしましたがそれも異常なく、べつの内科で自律神経が乱れているのかもしれないと言われました。
整体にて自律神経を整える治療をしてもらいましたがあまり効果はなく…。

しばらくは吐き気はおさまりましたがふわふわしためまいは全くなくならずじまいですが、吐き気がないならば…と思い普通に仕事に通っていましたが、今年の3月頃からまた吐き気がでてきました。

さらに動悸や不眠や鎮痛剤の効かない頭痛も伴ってきて、現在は心療内科に通院しています。

吐き気諸々の症状が出るきっかけはたしかにストレス等かもしれないとは思いますが、何よりもこのふわふわしためまいやくらっとするめまいがあるからだと思います…。

何をしててもふわふわしていてとても疲れやすくなり、毎日が辛いです。
めまいが治れば吐き気などの症状も出なくなるのでは…?と思うのですが、このめまいを治すために何科を受診すべきなのか、どうすれば治るのかわかりません。

仕事をしたいのに思うように動けないし職場の方に迷惑をかけてしまっているのがとても辛いので少しでも解決策をご教示いただければと思います。

(T.C様 女性 24歳 大阪府) 

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

ご質問ありがとうございます。
確かによくある訴えで、同様の方は当院にも多く来られます。

まずは器質的な疾患があるかどうかの確認、原因の検索を行うことは大切です。

記載していただいた内容からはくびに関しては調べられていないようですので、一度くびや自律神経に関しての検査を受けて見られてはいかがでしょうか。

整形外科ではくびに関して整形的な立場でしか診ておられないので、お近くでしたらお越しくださればと思います。


その他原因はどうにせよ症状が改善すれば良いという考えで臨むならば、漢方を扱っている医院に相談されてみるのも良いかと考えます。効果的であることも多々あります。
当院でも漢方を処方する事は多々あります。

めまいに関して理解を深めていく事は、めまいに対するストレスの緩和につながりますので、あきらめずに治療なさってください。
お大事になさってください。

参考ページ

めまいと耳鳴りがなかなか治らず、藁にもすがる思いでこのホームページに辿り着きました。 (No.2175)

めまいと耳鳴りがなかなか治らず、藁にもすがる思いでこのホームページに辿り着きました。

どうぞよろしくお願い致します。 2016年ゴールデンウィーク明け辺りから左耳に閉塞感があり5/10、近所の耳鼻科を受診したところ、左耳の低音の聞こえがかなり悪くなっており突発性難聴と診断され、ステロイド服用を進められました。

しかし8か月の子供がおり、授乳中だと伝えると、今後めまいが起こり反復するとメニエール病かもしれないので様子をみることとなり、その日からイソバイトとメチコバールを服用。

5/14、夜間授乳するために起き上ったら左耳にキーンという激しい耳鳴りと共に回転性のめまいが初めて起こりました。

5/16に再び耳鼻科を受診し、めまいが起こったことを伝え、聴力検査をしたところ、左耳の低音の聞こえは正常範囲に戻っていると言われました。

めまいがあったことから更に1週間、イソバイトとメチコバールを服用。

めまいが起こることもなく、左耳の違和感もなくなり治ったと思っていたところ、6/1の夜、再び夜間授乳に起き上ったところ激しい耳鳴りと共に回転性のめまいが起こりました。

再び耳鼻科を受診したところ、左耳の低音の聞こえが悪くなっているものの、正常範囲より少し落ちている程度なのでそこまで神経質になることはないと言われ、ストレスを溜めないように、睡眠を取って下さいと指導がありました。

しかし、その後3日に一度、2日に一度、とめまいの回数が増え、毎日めまいが起きる時もあり、そのうち、めまいに慣れてきたのか、回転性のめまいではなく、フラフラと感じるめまいに変わり、歩いてトイレに行ったりできる様になりました。

1番初めの回転性のめまいの際は、吐き気があり、うずくまり動くこともできませんでしたが、今は、起床後から左耳がボーンと違和感があるな、もうすぐめまい起こしそうだなと予測できる時もあります。

しかし、3歳の子供と8か月の赤ちゃんの子育てをしているため、いつ起こるか分からないめまいに恐怖を感じるようになり、薬を飲んでも一向にめまいが治らないため、他に悪いところがあるのでは?と思い、脳神経外科を受診。 MRIを撮って頂いたが問題なし。

そこでめまい専門の耳鼻科を紹介して頂き、6/14受診。 片足で立ったり、目を瞑って文字を書いたり等の検査で、初期のメニエール病だと診断され上記の薬の服用が始まりました。 授乳中であることを伝えましたが、早期治療が大事とのことで4時間空けて授乳するなどして対応しています。

めまいの回数は減り、6/24にめまいが起こって以降は起きていません。

しかし、日常生活ではさほど気にならない耳鳴りが、夜横になると、頭というか脳に響くくらいキーンと高音で大きくなり、吐き気がする程になってしまいました。 これまでもそうですが、めまいも立っている時より、横になったり寝ている時によく起こるのですが、睡眠時に起きるめまいもメニエール病なのでしょうか?

キーンという耳鳴りの音で目覚めるとめまいがして、その時はいつも手が痺れ、息苦しく感じで、心臓がドキドキしています。無呼吸だったり、睡眠障害なのでしょうか。

そしてこの横になると大きくなる、左の頭半分にボーンと響く様な耳鳴りは治らないものなのでしょうか。 長くなり大変申し訳ありません。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。

めまいと耳鳴りが治らなければ、下の子供が1歳になり授乳がなくなれば、一度来院させて頂きたいと考えております。

(S.M様 女性 32歳 三重県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

ご質問ありがとうございます。
睡眠時であってもメニエールは起きますので、繰り返し起こる聴力異常を伴う回転性のめまいと言うことよりメニエールであろうと考えます。

手がしびれ、息ぐるしく、ドキドキするとのくだりは自律神経異常、および首の過剰緊張ではないかと思われます。無呼吸や睡眠障害では無いと考えます。

恐らく、ストレス、緊張から歯のくいしばりがあり、舌の辺縁がガタガタと歯痕が付いているのではないでしょうか?歯の噛みしめが強くなっているようならばマウスピースでの対応も考えながら、休めるときに休んで、眠前だけ四逆散や芍薬甘草湯、抑肝散等の漢方を考慮してもらってはいかがでしょうか。
お大事になさってください。

突発性難聴の後遺症でしょうか。(No.2173)

2016.07.03

今年の1月2月と1週間ほどつづくめまいがありました。

数秒でおさまるめまいの後にきまって左耳がつまり水の中の様で血液が流れてるようなザーザーザーという耳鳴りがしました。そしてそれも数秒でおさまりました。

その際耳鼻科に行きましたが、聴力に問題はなかったのと、メニエールならめまいの前に耳鳴りがするとのことで安心して帰ってきました。

が、3月初めにいきなり朝起きようとしたら、起きれない(頭をあげようとするとおくれて下にドーンとひっぱられる)めまいと吐き気に襲われました。同時に耳鳴りもあり声が響いて聞こえました。

3日後少し動けるようになったので、病院にいったところ突発性難聴と診断されました(聴力が大幅におちていたのと、低音より高音が落ちていたため)メニエールではないのでめまいは繰り返さないとのことでしたが、今度は4月(1ヶ月後)に朝起きたら回転するめまいに教われびっくりしました。

病院ではメニエールではないと思うが一応薬にイソバイトが追加されました。

しかしイソバイトは副作用なのか血の気がひくような感覚になるので止めて、漢方に切り替わりました。

今は回転のめまいはないですが日によってふらついたり、グラグラすることがあり、育児もあるので困っています。

メニエールなのかなぁとも思うのですが、先生からみるとこの症状はどうでしょうか。かかりつけの先生は突発性難聴からきている可能性が高いと思うんだけど…という感じでよく分からないみたいです。
現在の聴力はだいぶよくなりましたが、高音の難聴は残ってます。

お忙しいところすみませんがめまいに困ってますので先生の見解をお聞きしたくメールしました。お返事頂けたら嬉しいです。

(S.K様 女性 32歳 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話の印象としては突発性難聴の後遺症が考えられ、メニエールではないような印象です。

しかし耳だけが原因なのか、その他に背景疾患があるのかは検査されてみたほうが良いのでは。

生活習慣、ストレス、疲労も影響するので、可能な限り増悪、再発を予防することが大切です。

取り立てて水分をしっかりとる事と、適度な運動、十分な睡眠は行ってください。全般的に水分が少ないのでは?またお近くでしたら受診してください。
お大事になさってください。

MRIで誤診などは有り得ないでしょうか? (No.2157)

今年の2月半ばに、きっかけは覚えてないのですが、回転に近いめまいがあり少し気分が悪くなりました。

今までめまいを経験した事がなかったので不安になり、その次からは目は回らないのですが足元がフワフワ軽く感じるめまいになって、それからは10日間くらい寝てる時以外はずっとふわふわした症状に悩んだので、近所の耳鼻科に行きました。

その耳鼻科はおそらくめまい症に殆ど力を入れてない感じで、検査もなく「メニエール病でしょう」と言われ、 イソバイドシロップと、ディアノサートと言う錠剤を10日分貰いました。

頑張って飲みきったのですが、ふわふわめまい感は全く改善されず、何日かしたら何故かふわふわ感がなくなってました。それから多分1ヶ月くらいは症状は出なかったのですが、また忘れた頃に10日間くらいふわふわ感で不安な日々でした。

そして、そんなんを繰返してるうちに、脳の病気を疑うようになり、思いきって脳神経外科で頭部のMRIを撮りました。

結果は何の異常もなしとの事で、もしかしたら自律神経からめまいがきてるのでは?との診断で、薬ま何も出ず、その日は安心して帰れたのですが、それからまたふわふわ感があったり、治ったりを繰返しながら、偶然にも?左足元がしびれりるようになり、MRIで異常なしと診断受けたにも関わらず、脳の病気を自分の中で疑い、また同じ脳神経外科に1ヶ月後の6月最初に行きました。

その日はもちろんMRIはもう撮らず、足のしびれを 話すと、「MRIで脳には異常なかったんだから、足のしびれはめまいとは関係ないよ」と言われました。

偶然なのかもしれませんが、めまいとしびれがあり、もしかしてMRIで脳の病気を見落としてるでは?と、またまた思ってはいけない妄想に苦しんでます。

MRIで誤診などは有り得ないでしょうか?

もう毎日毎日めまいが続くようになり…最近は耳から後頭部にかけつ閉塞感みたいなのをよく感じます。

めまいが起きる直前に耳を圧迫されるような何とも言えない不快で不安感覚です。 寝てる時はならないのですが、日中は大なり小なり、5分間隔くらいで耳から圧力感があり、ふわふわします。

先週はもうちょっとめまいに力を入れてそうな耳鼻科に行って、以前とは違う薬を5種類貰いましたが、飲んで5日目…飲むと少しマシになるものの、すぐにふわふわ感になり不安でたまりません。

その耳鼻科では耳のレントゲン、聴力など検査しましたが異常なしでした。

このめまいはやっぱり耳が原因なのでしょうか? 薬を飲めば必ず、飲まなくても治る日が来るのでしょうか??

ドクターショッピング状態になってるので、次こそはそちらのの病院に行きたいのですが、小さな子供3人いるのでなかなか行くタイミングがなく… 長々とまとまりのない文章で申し訳ありません。

(H.E様 35歳 女性 京都府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

回答が大変遅れましたことを先ずお詫びいたします。

頭部のMRIでの誤診?
見落としはないと思っていただいた方が良いでしょう。MRIではわかる範囲では異常がない、という判断ですので、中での神経ネットワーク異常やホルモン異常は画像ではわかり得ません。

同じように頭の中が心配になる方は多々おりますが、まず心配しなくともよいです。

むしろ、首や自律神経に異常が出ている方の方が圧倒的に多いので、今回のケースもそれに相当すると思われます。

慢性的な肩こりがあったとしても他の条件が重なった時にめまいを起こしやすくなると考えられます。
また下肢のしびれに関しては、恐らくめまいがするために力のかかり方が左右違うことによるしびれではないでしょうか。

もしくは腰も痛みがあるようならばそこからの可能性も否定できません。

いずれにせよ、メール内容より不安感が強く感じられますので、病気をしっかり理解して対応されることをお勧めいたします。印象としてはよくあるタイプのめまいです。
お大事になさってください。

突然頭の中がぐわんぐわんと波のように揺れ、吐き気がしました。 (No.2155)

2016.06.16

2ヶ月ほど前に、携帯電話を使用している最中に、突然頭の中がぐわんぐわんと波のように揺れ、吐き気がし、トイレからしばらくの間出られませんでした。

とにかく寝ようと思い、布団に入り目を瞑っても症状は変わらず、気分が悪く中々寝付けなくて、いつ寝たのか分からない状態で、朝を迎えました。

目が覚めても、1時間もしないうちに、前夜と同じ症状に襲われ、その日から毎日起きている間はずっとこのような症状に悩まされています。

様々な病院に行きましたが、異常がないといわれ、精神面などを指摘される為、心療内科にも行きましたが、普通だと帰されました。 確かにここ数ヶ月で特にストレスを感じたり、何か環境が変わったり等はないです。

今の所なんとか仕事には行けていますが、起きている間ずっとなので、症状のせいで精神面でも参りつつあります。

少し前からは、体か地面かが傾いているような感覚で、倒れそうになったり、全身の至るところの筋肉がピクピクと痙攣したり、耳の裏やふくらはぎが痛くなったり、特に運動もしていないのに全身筋肉痛のような痛みや怠さがあったりします。

元々立ちくらみ等はあり、最近立ちくらみが特に酷く貧血なのだと思っていましたが、血液検査の結果では基準値よりも少し赤血球が多かったりと(白血球も多かったです)、本当にもう良くわかりません。

異常がない大丈夫と言われますが、こうして文字を入力している今も、頭の中がぐわんぐわんと揺れており、全然大丈夫じゃありません。 何科に行けば良いのか分からず、症状等から検索していたら、ここのサイトにたどり着きました。

文面などすごく滅茶苦茶だと思いますが、なにかご教授いただけますと幸いです。 宜しくお願いいたします。

(N.R様 女性 23歳 大阪府)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

特に器質的な異常が無いけれど浮遊性のめまいがするとのこと。当院にも同様の方
が多く来られます。

確かに異常が無い方もおられますが、大抵は頸や肩の緊張が強
かったり、頸椎の変形が認められたりする方もおられます。

しかし整形外科では関与しないと言われてしまいます。

お近くでしたら当院へお越しくださいですが、遠
方ならばお近くの漢方内科や漢方を扱っている婦人科の方が妥当かもしれません。

くびに特化して診断、治療を希望される際には頸性めまいを理解されている脳外科
が良いのでは。
お大事になさってください。

頭を動かすとクラッとする感じやフラフラする感じもあります。(No.2152)

大学生の時に初めてめまいを起こしました。
近所の内科でメリスロンを貰い、飲んだら治っていました。しかし、27歳で出産を機に、めまいが酷くなり、頻回になってきました。
次第にメリスロンも効きにくくなり、右耳に耳閉感が出てきました。

しかし、耳鼻科で検査しても聴力に異常はなく、メリスロン、セファドール、メイロン注射で乗り越えていました。

しかし、一向に耳閉感はなくならず、めまいも頻回になってきたので、大学病院のめまい外来を受診しました。

耳に冷たい風を送ってわざとめまいを起こしたり、動く光を目で追いかけたりという検査をしたところ、右耳の機能が少し低い、前庭型メニエールだと言われ、イソバイドをもらいました。それが、もう5年ぐらい前です。

定期的に大学病院に行っていましたが、待ち時間が長く行かなくなってしまいました。その後、めまい専門医がいる個人の耳鼻科に行っています。そこでは、聴力検査と眼振検査しか出来ません。

なので、右耳に耳閉感があっても、聴力には問題ないと言われました。イソバイドは、調子が悪い時だけ飲んでと言われています。5月10日に、寝ている時に急に回転性めまいが起こり、いつものめまいだろうと思っていたのですが、眼振検査で良性頭位性めまいと言われました。薬はなく、めまいの体操を教えてもらいました。

一週間ぐらいで良くなっていたのですが、またすぐにめまいが起こり、もう1ヶ月たちます。横になるとめまいが酷くなり、特に右を向くとめまいが悪化します。

ただ、5月10日に起こった回転性めまいよりは、少しは軽い回転性めまいです。
また、頭を動かすとクラッとする感じやフラフラする感じもあります。

いつまでも良くならずに、他の病気なんじゃないかと不安です。
エチゾラムは、肩凝りから、めまいが長引いているのではとのことで出してくれましたが、飲んでも変わりません。

良性頭位性めまいは、こんなに長く続くんでしょうか?前庭型メニエールのことは、個人病院のめまい専門医の先生には伝えそびれていて言えてません。
長々とすみませんが、よろしくお願いします。

(N.R様 女性 38歳 徳島県)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

メニエールに良性発作性頭位めまいが合併することも十分考えられます。

また良性発作性頭位めまい症が1カ月持続することも多々あります。一般的にはしっかりと
水分、カルシウムの摂取を行い、めまいのリハビリを行うことが良いとされていま
す。

めまいが起きても頑張ってそれを誘発させる体操をする事は大変ですが、結果
速くよくなりますので、頑張ってください。
私見としては、くびの緊張が改善に足を引っ張っているのではと考えてしまいま
す。

まず頸こり肩こりの原因となっている癖習慣を見つけ、改善していく。同時に
肩頸の緊張緩和に向けたストレッチ、体操、場合により内服薬をしていくことが良
いでしょう。

歯の噛みしめ、歯ぎしりが強い人は歯科医でマウスピースが効果的な
こともあります。

当院には同じような患者さんが多数こられ、イソバイドが苦手な人は漢方で対応す
るようにしております(徳島にある『ひろこ漢方内科クリニック』もお勧めで
す)。
よって決して珍しい状態ではありませんので、くじけずに治療を継続してください。
お大事になさってください。

極度の心身症を患っていて、脊髄小脳変性症をとても恐れています。(No.2147)

2016.06.06

初めまして。
お忙しい所恐れ入りますが、とても悩んでおりますので、お返事いただければ嬉しいです。
まず私は、極度の心身症を患っていて、脊髄小脳変性症をとても恐れています。

その病気で苦しんでいる方には大変失礼な話だとは分かっているのですが、様々な病院に行き、原因不明と言われたので、自分はこの病気なのでは…と勝手に考え、パニックになって、お恥ずかしい話、毎日大泣きしてしまっています。

症状としては、以下の通りです。
・一ヶ月前から、歩くと地面が揺れる感じのめまいが突然始まる。そのめまいが始まった日時もハッキリ言える。

・それから一週間後、脳神経外科でMRIを撮ってもらい、心因性めまいとの診断を受ける。

・その翌日から10日間は、一切めまいがなかった。めまいのことを忘れてしまうほどだった。

・しかし、まためまいが再発。それが原因かは分からないが、再発する前はパソコンをずっと見ていた。

・神経内科に行き、平衡感覚と頸椎のレントゲンの検査をし、目を閉じたら少し前後に揺れているけど問題ないレベル、恐らくストレートネックによるめまい、心因性めまいだろうと言われる。

・ふと不整脈が原因ではないか?と気になり、5日前に循環器内科に行き、24時間心電図を受け、まだ結果は出ていないが何となく心臓が原因でないことが分かったので、やはりどうしても脊髄小脳変性症の事が気になり出してしまう。

・以降、今までずっとめまいの症状が続いている。良くなってはいないが、悪くなってもいない。

・めまいは歩いている時、立っている時にのみ起こる。ずっと起こっているわけではなく、歩いていると突然、地面がぐにゃぐにゃになる感覚に襲われる。

・症状自体はやや軽い程度。

・最近気づいたのだが、足を広げて歩いたり、すり足で歩くとめまいは起きない。

・室外より室内で良く起こる。何故かショッピングモールや本屋、洗面所が本当に駄目。

・閉眼片足立ちは左右共に一分可能(右は最高で二分半)。しかし閉眼片足立ちの時に以前はなかったのにめまいが起こっているような感じがする。

・目を閉じて真っ直ぐ歩く事も可能。めまいが起きている時もふらつきはない。

・MRIを撮ってもらった先生に、メールで問い合わせると、脊髄小脳変性症の可能性は低いが確定はできないと言われた。 ・めまい以外の症状はなし。

・今はそれほどでもないが四ヶ月前から急に一切食欲がなくなり、それ以来吐き気、月経不順など様々な不調が続き(二回程だが回転性めまいも経験)、現在に至る。

・運動不足で規則正しい生活を送れておらず、ストレスが相当溜まっていることは自覚している。
・そもそも、この脊髄小脳変性症なのではないか…という考えそのものが最大のストレス。

以上です。長くなってしまって申し訳ありません。

私としましては、すり足で歩いたり、足を左右に広げて歩いたりするとめまいが起きない、という一点がどうしても気になってしまいます…どうして普通に歩いていたら、めまいが起こるのか。どうして歩くときにだけ、めまいが起こるのか。

先生方の診断には恐らく、という言葉がつくので、やはり脊髄小脳変性症なのではないだろうか…と、不安で不安で仕方がないのです…。 もしこのめまいが治らなければ、地元が香川県ですので、先生の所に通わせていただこうと思っております。
本当に悩んでいます。 先生、どうかご回答を宜しくお願い致します。 長文失礼いたしました。

(Y.R様 女性 23歳 東京都)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

一言でいって不安神経症でしょう。現時点で脊髄小脳変性症が確定されていないの
にその疾患におびえていること自体、不安神経症と言えます。

当院に来られても恐らく同じで、自分が理解、納得するまではずっと同じ恐怖におびえる事と思いま
す。
お勧めとしては心療内科へ受診し、認知行動療法というものを学んでみては。症状
に対して対応の仕方が少し変わってくるのでは。

自分を他の誰かに置き換えてみてください。
高所恐怖症の方は、それほど高くなく
とも高いと思ってしまえば恐怖心で足がすくみます。あなたがそれを見て、心配す
る必要、怖がる必要はないと言っても、自分が変わらなければ恐怖心は取れませ
ん。
また一方でテレビやインターネットで書かれていることをうのみにして、すぐに信
じてしまう人も多くいます。バナナが健康に良いとえば、バナナが売り切れてしま
い、チアシードが良いと聞けば皆購入してしまいます。

医師は責任があるので100%確実にと言ういい方を否定しますが、自分だけが特別な
疾患、0.1%未満の可能性があると考えるのはメンタルの問題です。
お大事になさってください。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.