めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

もう暫く安静にすれば治るものなのでしょうか(No.693)

深夜に突然の激しい回転性の眩暈が起こり、救急搬送。血液検査・レントゲン検査・CT検査は異常なし。眼振が認められる。
診断は、頭位眩暈症。
1日入院し、眩暈止め・吐き止めの薬をもらい、帰宅。安静にし、処方した薬を飲むよう指示される。 翌日、症状が治まらず、近所の耳鼻科医にて診察。
ほぼ、同じ診断。

安静にするよう指示され帰宅。 翌日、症状がより重篤になり、眩暈と吐き気の為全く起き上がる事も出来なくなり、昨日の耳鼻科医にて、入院施設のある病院への紹介状をもらい、都内病院にて診察。

当該病院では、聴力・MRIのみ検査し、当該検査では異常なく、耳鼻科的所見はみられない、との事で、数種類の処方箋をもらい帰宅させられる。
処方された薬(眩暈止め・吐き止め・安定剤・血流の促す薬)を飲み、安静にするも、症状は一向に恢復せず、寝たきりのままとなる。 1週間程経ったところで処方された薬も尽き、病院の対応が不満足であった為、上記・耳鼻科医にて相談したところ、頭部を一定方向に向けた際に眩暈が起こる事から、頭位眩暈のうち、平行感覚神経の異常ではないか、との診断。

病院で処方された薬の内、必要であると思われる同種類の、眩暈止め・吐き止め・血流の薬を処方され、安静にするよう指示される。 発症から既に2週間が経ち、あまり恢復の兆候が見られません。ただ、回転性の眩暈は、ほぼ消えました。

このままもう暫く安静にすれば治るものなのでしょうか。斯様に重篤な眩暈の症例はあるのでしょうか。
どうか御教授の程、宜しくお願い致します。

(H.k様 女性 42歳 東京都)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話の内容からはやはり良性発作性頭位めまい症を疑わざる得ません。他の所見が無い限り恐らくこの診断が妥当なのではないでしょうか。
回復程度は人により個人差があり、ひどい症状が出なくなってからは体を積極的に動かした方が良いと考えております。つまりリハビリ(めまい体操)をお勧めします。

同じ症状でも感じ方や治り方が異なることは、十分にありえますので、主治医とよく相談されて治療されてみてはいかがでしょうか。
飲水とCaの摂取、肩頚の緊張を注意ください。
お大事になさってください。

参考ページ

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.