めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診

キーワード検索

カテゴリー

めまい相談/一番星クラブ

2013年6月5日 フワフワして引っ張られる感じのめまい

2013.06.05

女性3 1年半くらい前に風邪をひき、高熱を出しました。最初は左耳が突然塞がった感じがし、その後、右耳でキーンという高音の耳鳴りが始まりました。すぐ耳鼻科で診てもらいましたが、聴力には全く異常がないということで特に処方はありませんでした。

それから2週間ほどして、回転性のめまいがあり、再度耳鼻科を受診しましたが聴力には全く異常がないということで、良性発作性頭位めまいだろうと診断され、血流を良くする薬とめまいの薬を処方されましたが効いている感じはありませんでした。

それから回転性のめまいはありませんが、フワフワした感じのめまい、引っ張られる感じのめまいが持続しています。症状は日によって異なります。脳外科にてCTを撮ってもらいましたが、そこでも異常がないと言われました。

その後、薬を飲み続けることに抵抗があり、漢方薬に切り替えてみました。が、これと言った効果はありません。

整体にも通っていますが、首から肩にかけての凝りがものすごいと言われています。ちなみに今でも耳鳴りは両耳で鳴り続けていますが、聞こえにくいなどの症状は特に感じていません。

耳鼻科でも脳外科でも異常がないと言われていますが、どういったことが考えられるでしょうか?  

(O.K様 女性 長崎県 34歳)

A.ご相談ありがとうございます。院長 入野宏昭

お話し内容から頚性めまいが背景に有るか良性発作性頭位めまい症の名残があるのではないかと思われます。

一般的に良性発作性頭位めまい症はカルシュウム不足が影響しているのではと言われていますが、更年期以降ならまだしも若年者で不足することは考えにくいと思われます。

むしろ肩頚の緊張が背景に有るならばその影響で交換神経節が刺激され末梢の血流が低下しているためにカルシウム自体が運ばれないのでは無いかと想像しています。

その他自律神経性めまいも考慮する必要が有ります。
いずれにせよ良質の睡眠と飲水、適度な運動をお勧めします。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.