めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • メディア|めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報 メニュー

  • メディア掲載情報 トップ
  • 出版案内
  • めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報
  • 共同通信社 脳内地震のエッセイ集 〜現代めまい考〜
  • 紹介された新聞記事
  • Lancet 掲載論文

めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ 「新めまい学」紀伊民報

02

「めまいを文明病としての新しい観点から考えましょう」

A「めまいとは?」

めまいという病名は、万葉集にも出ているぐらいで、おそらく現在日本にある病名の中で、一番古いものでしょう。
また、めまいの定義自体も古臭く感じられます。  めまいとの病名をメニエール病(耳の一部に水がたまる病気)と思っている人もいます。 天井が回るとかふらふらする、倒れそうになる、真っ直ぐ歩けない、後へ引き込まれそうなどの症状が、すべてめまいという言葉で表現されているのは、何となく変な気がします。
めまいの定義について、アメリカなどでは、めまい、ふらつきをひっくるめて平衡機能障害(体のバランスが障害される状態)として統一されております。それが、日本ではめまいとして表現されることが一般的です。  
それでも、ふらつきのために受診している患者さんに、細かく問診してみますと、過去三年とか二十年の間に天井の回っためまいを経験している方が多くいます。そういう意味で、ふらつきの患者さんをめまいと同一的に表現していることも、あながち間違いでないような気もします。  
ぐるぐると回る回転性のものか、ふらふらとした非回転性のものかは区別する必要があるように思われます。

しかし、めまいの原因が明らかでありませんので、何とも言えません。  めまいとの病名は、厳密には、やはりアメリカ流の平衡機能バランスの障害とするべきか、と思います。ただ、この病名の欠点は、平衡という漢字が身近に思えないことでしょう。バランス障害とすれば、心の病気にも誤解されがちです。  病名をつけるというのは難しいものです。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.