めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • メディア|共同通信社 脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報 メニュー

  • メディア掲載情報 トップ
  • 出版案内
  • めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報
  • 共同通信社 脳内地震のエッセイ集 〜現代めまい考〜
  • 紹介された新聞記事
  • Lancet 掲載論文

共同通信社  脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

10

ベースボール理論で探る

既にお話ししたように、めまいの発症には脳や耳、目、首などの器官がかかわっていると考えられ、一つだけに原因を絞り込むのは無理があります。「そんなに単純ではない」とも言えますし、「すべてが微妙に絡み合っている」という言い方もできるでしょう。  

めまいを「事件」とした場合、犯人は果たして単独犯か複数犯か。実際に手を下した実行犯は誰か。犯行を計画し、黒幕として指示した主犯は誰なのか。ひょっとしたら、何人かの犯人が等しく責任を負う「共同正犯」と呼ぶべき状態なのかもしれません。  

発症のメカニズムは、野球にも例えられます。こうした考え方を仮に「ベースボール理論」と呼ぶことにします。  

野球では、ホームランは別として、ヒット一本だけでは点は入りません。シングルヒットが四本続いたり、シングルヒットに二塁打が続くなど、とにかく打者が次々に塁に出ないと、最終的に得点にはなりません。

第十話 ベースボール理論で探る

そこで「白質病変」などの脳の小さな異変、耳の病気、首の古い外傷の三つを「満塁の走者」と想定してみます。めまいという「得点」につなげるには、さらに何が必要でしょうか。タイムリーヒットか押し出しの四死球か、それとも相手のエラーか・・・。  

まず考えられるのは体の動作です。首を回す、寝床から起きる、歩くといった極めて日常的な動作でも、発症の直接的な引き金になり得ます。テレビやパソコンの画面を注視するのも同様です。  

得点につながる一連のベースボール的展開の基本には、「めまいを生じるためには、その前段階となる準備状態が必要」という考え方があります。睡眠不足や疲れも“犯人グループ”の仲間です。一つ一つの事件は小さくても、その積み重ねが背景にあれば、重大事件に発展する恐れは常にあるのです。  

こうした“導火線”に着火する“何か”をきっかけに、発症のシステムが作動してエネルギーの爆発が起こり、「脳内地震」が発生すると考えられます。  

ただし「そもそものエネルギーはどこから来るのか」という謎は、依然として残ります。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.