めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • メディア|共同通信社 脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報 メニュー

  • メディア掲載情報 トップ
  • 出版案内
  • めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報
  • 共同通信社 脳内地震のエッセイ集 〜現代めまい考〜
  • 紹介された新聞記事
  • Lancet 掲載論文

共同通信社  脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

12

エネルギー放出で発症か

めまいを「脳内地震」と呼ぶ理由は、「ドス−ン」「グラグラ」といった症状が似ているというだけではありません。発症のメカニズムも地震発生の仕組みに近いと考えたからです。  

詳しくは拙著「めまい 脳内地震のミステリー」(スパイス社刊)をご覧いただくとして、簡単にまとめてみます。  

海底や陸地などの地球表面は、「プレート」と呼ばれる十数枚の岩盤で覆われています。各プレートは年間数センチの速さで別々の方向に移動しており、それぞれが押し合い、引き合う境界部には「ひずみ」のエネルギーが蓄積。限界を超えると一気に放出され、地震が発生するとされています。  

具体的には、プレートの先端が跳ね上がったり、不安定な断層がずれて動き、振動が地表に伝わる仕組み。一般的には、放出されるエネルギーが大きいほど、また断層が地表に近いほど大地震になるとされています。  

一方、脳の大部分を占める大脳の表面は、「灰白質」と呼ばれる神経細胞の層に覆われています。耳の平衡機能や目による情報を総括する中枢がある部分で、その下層には神経細胞の通り道である「白質」もあります。ちょうど地球のプレートのような構造です。

第十二話 エネルギー放出で発症か

さて、脳の表面や深部で“何か”が起こり、既にお話しした「白質病変」の形で表れたと仮定します。その結果、大脳に「ひずみ」が生じエネルギーが蓄積。限界を超えて放出され、灰白質を通じて耳や目を刺激し、めまいが起きる。症状の程度やタイプは“震源地”との距離で決まる。私はそう考えています。  

エネルギーの蓄積と放出は、その後も断続的に続き、さまざまな「脳内地震」が発生する。そう考えると、めまいが数年ごとに再発する理由も説明できます。  

ただ地震に例えるだけでは、すべては説明できません。賢明な読者の方ならお分かりでしょう。  
例えば血液、リンパ、脳脊髄(せきずい)液など体内の水分はどう関与するのか。海底地震と津波の関係に似ているのかどうか。こうした問題の解明が進めば、めまいだけでなく、原因不明とされる脳などの病気も、科学的本質が見えてくるはずです。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.