めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • メディア|共同通信社 脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報 メニュー

  • メディア掲載情報 トップ
  • 出版案内
  • めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報
  • 共同通信社 脳内地震のエッセイ集 〜現代めまい考〜
  • 紹介された新聞記事
  • Lancet 掲載論文

共同通信社  脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

03

小説や映画の題材に

めまいは以前から、映画や小説の題材になってきました。  

特に有名なのは、ヒッチコック監督の映画「めまい」でしょう。高所恐怖症に悩み警察を辞めた男性が、奇妙な事件に巻き込まれていく心理サスペンスの傑作。高い空間で吸い込まれそうな恐怖感が描かれ、らせん階段が舞台となるヤマ場のシーンでは、渦巻くような不気味な情景が不安な心理を演出しています。  

この主人公の場合、目から入った情報が脳で誤って処理される認識の障害が、めまいの引き金になっているようです。視覚による情報がパニック症状を引き起こす点は、テレビでアニメを見ていた子どもたちを襲った「ポケモン被害」も同じ仕組み。どちらの現象も、一つの「脳内地震」と言ってよいでしょう。

第三話 小説や映画の題材に

一方、池波正太郎の時代小説「剣客商売」では、剣術一筋に生きる主人公の侍に、「メニエル病」か「良性発作性頭位めまい」のような発作がしばしば起きています。朝方には、めまいに加えて耳鳴りもあり、過去の剣道修行で痛めた首も関係しそう。「頸性めまい」と診断するべきかもしれません。  

気丈な彼は、知人に「めまいごときは病気ではない」と豪語していますが、「たかがめまい」と軽視する昨今の風潮にも似ています。  

また、夏目漱石の名作「こころ」にも“ふらつき”や転倒を繰り返す主人公の父親が登場しています。その様子から判断するに「椎骨(ついこつ)脳底動脈血流不全症」のようです。脳の一時的な血流障害に関連し、老人に多いタイプのめまい。「たかがめまい」と思いながらも、まめに父親を見舞う主人公の姿に、文豪の人柄もうかがえます。  

ここで、紹介した三つの作品は、どれも症状などの描写が具体的で細かく、作者や身近な家族などに、めまいに悩んでいた人がいたと推測されます。おまけに、それぞれの症状はバラバラで、原因も三者三様。めまいの複雑性をいみじくも暗示しているようです。  

洋の東西は違っても、めまいは身近なドラマなのでしょう。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.