めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>
  • メディア|共同通信社 脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報 メニュー

  • メディア掲載情報 トップ
  • 出版案内
  • めまいを易しく理解して頂くためのエッセイ「新めまい学」紀伊民報
  • 共同通信社 脳内地震のエッセイ集 〜現代めまい考〜
  • 紹介された新聞記事
  • Lancet 掲載論文

共同通信社  脳内地震のエッセイ集 ー現代めまい考ー

07

酷使した心の悲鳴

ある年のこと。

大阪“ミナミ”の道頓堀の近くから、若い患者さんが相談にやって来ました。目鼻立ちの整った若い女性。数年前からめまいを繰り返すようになったと言います。  

ひと通りの診察後、職業を尋ねました。めまいの原因に絡む目の疲れ、首や肩の凝りは、美容師や調理師、マッサージ師などの特定の職種に多い。すると、返ってきた答えは・・・。  

「風俗です」  

とっさに頭に浮かんだのは、道頓堀川沿いの風俗街、宗右衛門町のネオン。なのに、出てきたのは「長時間パソコンを使ったりしますか?」とマヌケな質問でした。「いえ、風俗です。」と硬い声で繰り返す女性。「力仕事ですか?」と聞くのは、さすがに気がとがめました。  

もう一度診察すると、首筋がコチコチに凝っています。めまいを治すには、まずは首の凝りをほぐすのが先決です。「朝夕のマッサージを欠かさないように」。そう言う私にうなずき、女性は帰っていきました。

第七話 酷使した心の悲鳴

二週間後。再び現れた女性は少し疲れた顔でした。しばらく“お客”が多かったようです。治りが悪い。首の痛みには、出産時に受けたダメージが残っていることがあり、気分を変える意味もあって、こう聞いてみました。「生まれたときは難産でしたか?」  

女性は一瞬、目を閉じて「それは私のことですか?それとも子どものことですか?」。聞けば、幼い男の子がいると言います。体重七キロ。甘え盛りの息子に抱きつかれ、痛みを隠して添い寝する姿が浮かび、酷使してきた心の悲鳴が聞こえるようでした。  

カルテを見直すと、数年前に大きな自動車事故にも巻き込まれているようです。めまいが起こる約一年前。出産の直前です。「大変な事故だったんですか?」と私。女性は「ええ、主人が死にまして。それで大阪に出てきました・・・」。今回は少し趣向を変えた“大阪めまい噺(ばなし)”。道頓堀の水面(みなも)は、赤い灯、青い灯を揺らめかせ、変わりゆく人の世の営みを映しているようでした。

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.